(3091)ブロンコビリーはフラグを建ててしまったのか?

2017/4/17 ステーキ・ハンバーグレストラン経営の、(3091)ブロンコビリーの1Qが発表されました。

17年12月期第1四半期
売上高 (百万円): 4,561 (+3.4 %)
営業利益(百万円): 551 (-28.7 %)
経常利益(百万円): 567 (-26.8 %)
当期利益(百万円): 399 (-19.6 %)
1株利益 : 26.51


ここ数年、大幅増収増益を続けてきたのですが、いきなりの大減速です。
昨年は無かった新規出店2店と改装5店舗(昨年も同数)と、人件費などの費用増、
昨年1Qが+30%以上の増益だった反動もあるのでしょうが、ここまで落ちるとは予想していませんでした

この1Qが発表されるちょっと前に、名古屋の良い立地にあるオフィスビルを取得する旨のIRがありました。
一部本社機能の移転という事で、将来的には完全に移行すると考えられます。

さて、株式投資には、「新本社を建てると株価は天井フラグ」というお話があります。

調子が良くて手狭になったので本社を建設すると、小さな時は上手くいっていた商売が大きくなったら上手くいかなくなってしまい、株価も天井を打って下落してしまうというものです。

ブロンコビリーもこのフラグを立ててしまったのでしょうか?

一応、新本社は建設するのではなくて、中古ビルを購入するとの事なのでセーフの範疇でしょうか?
しかし不動産が高騰している時期には違いないので、賃貸ではなく購入しているので判断が難しい所です。
まぁ、投資に慎重なこの会社が購入に踏み切ったという事は、それなりお買い得だったのでしょう。

景気も良く、高齢社会で人材獲得が難しくなってきているので、便利な所に本社が必要なのも分かります。
(採用試験受けにきても、駅降りて田舎と感じるとそのまま帰ってしまう人もいるんです。)
短期的にはマイナスかもしれませんが、長期的に見るとプラスになると考えられます。
実際、今回の1Qも人件費増なのが要因の一つで、コスト増に目を瞑って早めに対処したのかもしれません。

しかしこの1Qを受けて株価は急落しています。
PER20倍というバリュエーションは、成長を見こした株価だったので仕方のない事でしょう。
私もちょっと厳しいかなー?と思い、既に少なくなっていたのですが、株価の戻りが鈍いのを見てさらに利確して家族分を含めて全て単元のみに減らしました。

ただ、地元企業であり、JASDAQ上場時からの付き合いです。
今でも毎月のように食べに行っているので、全て売る事はなく見守る事とします。
出店余地は大きいので成長は続くと思いますし、良い意味で私の予想を裏切ってくれると嬉しいですね。

・・・

毎月のように通っていると変化も分かります。
そこで気になった点を・・・

ブロンコビリーは外食産業屈指の利益率を誇ります(なんと15%以上!)
その利益率を維持する為に、色々手を尽くしているのが見えてきます。

・ドリンクバーにジェラートバーを付けて客単価アップ
・JCBなどの手数料の高いクレジットカードの利用不可


これらの施策は悪くないと思います。

しかし、原価率の高いコーヒーゼリーにかけるミルクが薄くなっていたり、商品自体が無くなっているなど、
主力商品であるサラダバーにもその手が入ってきている点が気にかかります。
一つ一つは大した事なくても、積み重ねて気付くと魅力がなくなってしまっているという事は往々にしてあります。

創業者である会長はこの前の株主総会で一つの区切りをつけましたが、引き継いだ2代目社長は今の拡大路線にいきつつも、食の本分を見失わないようにして貰いたいものです。
過去に名証IRで何度かお話を伺いましたが、親に似て堅実らしくウェイウェイするような人には見えなかったので大丈夫だと思いますがw
スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年の投資成績

★成績★
日経平均
(年初比)
TOPIX
(年初比)
個人成績
年初比
2016年
12月末
19,114.37
(+0.42%)
1,518.61
(-1.85%)
+20.68%
2017年
1月末
19,041.34
(-0.38%)
1,521.67
(+0.20%)
+2.64%
2月末1,9118.99
(+0.02%)
1,535.32
(+1.10%)
+4.10%
3月末18,909.26
(-1.07%)
1,512.6
(-0.40%)
+3.45%
※ 配当金は実払い日に算入していますが、優待は加えていません

ポートフォリオメモ


★相場メモ★

【3月】
日経は月初と中旬に高値を付けるもダブルトップになり、その後は上値をジリジリ切り下げました。
嫌な雰囲気にはなっているものの、売り崩される事がない膠着状態は継続。
反面、新興市場などは強いものが多く、特にPER一桁の万年バリュー株の底上げも目立ちました。

個人的には本当に何もしなかった月で、日経と同じく上旬~中旬まではプラス推移だったものの、下旬にかけて値を消して久々のマイナスとなりました。
ポジションを気持ち組み替えた程度で、相変わらずスランプにもがいています。


【2月】
日経は19500~19000のレンジ相場。
ボラは少なかったようなイメージで、新興市場は相変わらず強く強烈な上げも目立ちました。
低PER銘柄にも物色が広がり、福証関係までもがとても強かったのが印象に残りました。
反面、逃げ足も速くてIPO銘柄は凄まじく上げてすぐにイナゴタワー化みたいなものも多かったです。

個人的には相変わらず波に乗れず、決算勝負はほぼ全敗と迷走が続いています。
小銭稼ぎでそこそこ取れているのと、持ち株が堅調だったのもあって、一応プラスではありますが・・・
決算勝負惨敗で竦み、元々小さいロットがさらに入れられなくなってきて、K山さん病にかかりつつありますw
ちなみに2日前がYHだったので、月末資産最高は途切れました。

【1月】
日経は年初は上げ継続も、その後はややダラ下げの動き。
しかし全体相場は昨年同時期とは打って変わって循環相場で強い動き。
特に新興を中心に、強い銘柄はさらに強く、決算の良いものは上値を買われるかなりの強気バブル相場でした。
ただ、トランプ大統領が就任早々に色々やらかして爆弾を仕込んだ感じで、何かの際には総崩れも考えておきます。

個人的には波に乗れず苦しい展開で、最終週に多少挽回したものの相対的に辛い月でした。
分売で買えなかった(9466)アイドマを下で待たずに上値で買ったりと、機動的に動けたのは良かったかなと。
一応、3ヶ月連続で月末に資産最高なので、終わりよければ全て良しという事で。



2016年の投資成績 +20.68%
2015年の投資成績 +68.30%
2014年の投資成績 +35.51%
2013年の投資成績 +58.51%
2012年の投資成績 +41.22%
2011年の投資成績 +12%
2010年の投資成績 +5%
2009年の投資成績 +22%

スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター