KLabはガンホーになれるのか、ゲーマー投資家がラブライブをやって考察してみた

第2のガンホーあらわる!?

という事で、(3656)KLabの株価急騰を演じる原因となった、【ラブライブ】をゲーマー(※)投資家がプレイしてみました。
投資家視点での【ラブライブ】を評価してみます。

※ ゲーマーと言っても10年前までの話で、今はライトゲーマーです。
  また、元々格ゲーメインなので、音ゲーは初代ビーマニぐらい。
  とりあえずラブライブはノーマルフルコン、ハードはクリア程度です。


まずはこのゲームの特徴を箇条書き。

・キャラゲー(原作はタイトルどおり)
・音ゲー(リズムに合わせてタッチ)
・課金はガチャ、プレイポイント、コンティニュー
・ソーシャル要素はゆるく、一人用




ゲーマー視点での評価です。

・世界観
原作アリのキャラゲーなので世界観は原作ファン確保に重要。
ライブを音ゲーと結び付けており、まぁ及第点じゃないでしょうか。
声優も原作と同じで問題無し。

・操作感
第3世代ipodtouchでやっているので、譜面とアニメーションが重なると一瞬処理落ちする時がありますが、基本的には快適です。
ただ、インターフェース部は若干改善の余地があると感じました。

・ゲーム性
久々にやったリズムゲーで楽しかったのですが、譜面的にはどうなんでしょうか。
こちらももう少し改善余地はある気がしますが、あんまり音ゲーはやってないのでわかりません。

ストーリーモードでは、メインキャラはフルボイスでGood!
サブストーリーがあるサブキャラ(というかモブw)は、存在してもしなくてもよい残念仕様。


そして投資家視点での評価です。

・入口
かわいい女の子ばかりという時点で、ターゲットは男性。
さらにライト層はこの点がネックとなりインストール自体も躊躇してしまうので、取り込むのは難しいでしょう。
最近増えたとはいえ、コア層だけが入口なのは狭めでしょう。

さらに難易度はそう高くないのですが、音ゲーという点も苦手な人はとことん苦手なので、コア層でも敬遠する人はしますし。
(ただコンテニュー課金する可能性もある。)

android版が開発中で、スマホユーザーの半分を逃しているのも痛いです。

・プレイ時間
楽曲なので1プレイ数分かかってしまいます
中断はできるけれど音ゲーゆえに難しい。
合間にちょっとだけというのがやり辛い。

・課金
まずはボイス&能力付きの原作メインキャラをゲットする為のガチャは見込めます。
能力を伸ばす為に同じキャラがさらに必要になりますので×2ですね。
ただし一時的な課金になります。

そして、全体ランキング入りする得点がキャラ能力に依存する為、上位狙いはレベル上げの必要があります。
レベル上げにはモブキャラ&コインが必要な為、入手の為のガチャとプレイポイント課金も見込めます。
これが恒常的な課金でしょう。

ライトユーザーとしてはスコアでは廃課金ユーザーに絶対に勝てないので、フルコンぐらいが達成目標でしょうか。
(フルコンでもキャラ構成によってはランクCとかなのです…)

なので廃課金は見込めますが、ライトユーザーの課金は難しそうです。
キャラ命の人ならガチャでのちょい課金があるぐらいですかね。
では完全に廃課金向けゲームかというと、音ゲーがそこそこできないとスコアが伸びないので、金を積めばトップになれるって訳でもないのが逆に障害になって廃課金ユーザの一部を逃してる感があります。
どっちつかずになっているんじゃないでしょうか。

他ゲーのようにクリックしてあとはオートプレイといかず、課金してもきちっとプレイしてクリアする必要がありますし、逆に苦痛に感じる人もいそうです。


★結論★
残念ながらポストパズドラにはなれそうにないので、第2のガンホーには難しい。

しかしコア層はしっかり取り込んでいるので利益は出せていると考えられます。
懸念としてはラブライブはアニメも終了しているので、人気が持続しているうちにandroid版を出さなければ機会損失となります。
あとは継続性を持たせる仕組みももう少し欲しい感じですね。

従いまして、投資先として考えると、先立っての業績予想はもはやあてにはならないでしょうから、死の決算後のS安直後では買っておくべきでしたが、連続S高の今となっては微妙…
ただ新株予約権大量行使で、資金的には一息つけたはずなので、次の矢が撃てるようになりました。。
まずはandroid版を二の矢としてすぐ出せれば面白いと思われます。

KLabはガンホーになれるのか?~その2~
一部評価が変わっています


しかし、何年も前から言われていたけれど、スマホアプリはやはり夢の詰まった宝箱でしたね。
スマホの普及とともに、ここにきてようやくその宝箱が空いてきた感があります。
ほとんどは鍵がかかってて空かないまま終わるのかもしれませんが・・・
スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

(4809)パラカの売り煽り?

(4809)パラカ 192,800 +2,300
バリュー投資家に人気だった駐車場運営会社です。
textream(私の中ではまだYahoo掲示板w)でネガティブな事が投稿されています。
よくあるただの売り煽りではなく、細かく分析された内容なので説得力があります。
アレを見た方は売りたくなるんじゃないでしょうか?

ただ、私はこの内容では売りません。
書いてある内容が間違っているからではなく、むしろ表層だけではなく内面も見た良い内容であると思います。
ではなぜかと言うと、それは観点が違うからです。
投稿の内容は「手持ち土地の含み損」について触れられています。
含み損が24億円あり、数億円の利益を稼ぎ出してもその損で台無しになっているという事です。
なので低PERではなく、さらに言えば土地を保有しなかった方が儲かっていたという内容です。

最近は、PBR投資(土地持ち銘柄)が見直されていますので、それを観点とした意見とも言えます。
間違ってはいないのですが、ミスリードな意見と私は考えます。
なぜなら上記の状態でも、キャッシュフローが維持できていれば何も問題が無いからです。

パラカのビジネスモデルの一部は、借金して土地を買い駐車場にし、利益を上げて借金を返すというものです。
「土地を買う」、を「機械を買う」、に置き換えると普通の企業と同じ事を行っている事になります。
例えば、利息が3%ならば、その土地で5%稼ぎ出せば問題は無い訳です。
(実際の数字は前に聞いたのですが、忘れました^^;)
利益率の問題はありますが、この前提が崩れなければ問題はなく、今の所はうまく回っていますので特段問題視する必要はありません。

細かく言うと、確かに土地の減損があれば資産としては毀損しますので、どこかで特損は出ます。
それで赤字になったりする事もあるかもしれません。
ただしそれにより実際のキャッシュが減るわけではありませんので、私はあまり気にしません。
見た目の損益が悪くとも、キャッシュフローが回っていて実利益を上げていれば問題無いと思いますが、どうでしょうか?

そういえば、この話を考えていて「賃貸」と「持ち家」論議を思い出しました。
家賃と同じ額でローンが返せるのでお得!という人と、負債も増えるのでお得では無い!という人がいて、いつも結論が出てないテーマです。
どっちが良いかは考え方によりますよね。
個人と企業という違いがあるので同じにできませんが、本質は似ているのではないでしょうか。
閑話休題。

さて、色々と書いてきましたが、結論としては自社駐車場が利益を上げられなくなったら、投稿者の言われるような事になるでしょう。
その場合はパラカという会社の魅力は減少しますので、私も全部手放すと思います。
ただし今はそんな事になっていないので、問題は無いと考えます。
太陽光発電(超儲かるんですよ、コレ)とかもしているので、まだまだそんな事にもならないと思われます。


投稿は、間違ってないだけに説得力のある文章で、それで売ってしまう人もいるかもしれません。
それはそれで正しいとも思いますが、人に言われて右往左往する前に、その内容を自分なりに考えてからの売買をオススメします。
人の意見で損した場合、人のせいにできるので楽なのですが、ちょっと待って下さい。
実際に損しているのは自分のお金なのですから、その点を自覚して売買すべきだと思います。
非を認めるのは辛いものですが、それをしないと前に進めませんから・・・

ちなみに自分のポジションではパラカは主力銘柄でしたが、21万超という増資価格まで到達したので半分利確しています。
買った価格から倍以上になったのと、利回りが低いのでポジション調整です。
でも上記の内容でもし売られて下がるならまた買い直す予定です。

以上、閑散としていたパラカの掲示板が活況でしたので、私も直接ではないですがつい参戦してしまいましたw
しかし、textreamの投稿内容は中々の内容で参考になる部分もあり、勉強になりました。
観点を変えるってのも重要だと改めて感じました。

スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

株情報の取得の仕方について

株の情報というと、皆さんなにを思い浮かべますか?

株をやる人は、手っ取り早く儲けたいと考えている人が多いと思いますので、一番にインサイダーを思い浮かべる人もいるのかもしれません。
確かにここ最近の野村証券や、ゴールドマンを見ているとインサイダー情報が目立ちます。
(昔からそうでしたけどね。)
しかし、もちろんの事ながらインサイダー情報など簡単に手に入りません。
(株売買に利用すると犯罪になりますし。)

他に情報というと、四季報やホームページなどで企業情報を分析するというのもあります。
ただ、多少知識が必要だったりと敷居が高く感じて諦めてしまう人もいるでしょう。

では素人では情報は手に入らないかというと、そんな訳はありません。
「情報」なんてどこにでも転がっているのです。
ただ、それを「情報」として認識していないだけなのです。

例えばですが、(9605)東映について気付いた事だと、前に金券ショップで「はやぶさ」の前売り券が他よりも格段に安い値段で売っていました。
これは人気が無いのだろうなぁと思っていたら、案の定想定割れの動員数だったようです。
まだ「ワンピース」が頑張っているので、業績は好調ですが「はやぶさ」がヒットすれば業績の上積みも期待出来た事でしょう。

また、一般にはマイナーな所で(2329)東北新社という、CMや外国英語の日本語版を作っている会社があります。
「ウォレスとグルミット」というキャラの版権を取得したようで、これがヒットすれば大きな利益が望めます。
ただ、これはまったく聞いた事がないので、Googleで検索してみました。
検索結果の詳細を見て評判などを調べてみるのも手ですが、簡単な判断材料として検索結果数を見てみましょう。

 ウォレスとグルミット 約 487,000 件

この数字を見ると、そこまでマイナーではないですが、爆発的な人気になるにはまだ少ないと思われます。
定期的に検索数をチェックしておき、ガンッと増えた時は業績の上方修正のきっかけになるかもしれません。

また、検索だけではなく、主婦の方でしたら周りに聞いてみるのも手かもしれません。
こういうものは口コミでジワジワ広がっていき、ある時点で爆発的な人気になるという事も往々にしてありますので。


このように情報はどこにでも転がっているものなので、あとはそれをどう活用するかなのです。

なにげなく買ってみた新製品が良かったり、悪かったり感じたりするのも、その会社の業績に繋がる事もありますので、一度意識してみてはどうでしょうか?
スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター