相場は懐疑の中で育つ ←今ココ

日経13,568.37 +251.89と大幅続伸!
G20で日銀政策が容認された事で円安(100円はいかず)とともに株高となりました。

全面高ではじまり、やや失速もありましたが終始高値圏でした。
寄りで一部利確しましたが、すぐ買い直しています。
(買い直しは早過ぎでしたが)

さて、タイトルですが、元々は次のとおりです。

相場は悲観の中に生まれ、
懐疑の中で育ち、
楽観の中で成熟し、
幸福感の中で消えていく


現在は、「相場は懐疑の中で育っている」と思われます。
これだけ上がっているのでそろそろ楽観の状態じゃない?と考えそうになりますが、確かに株から離れていった人達が戻ってきていますが、まだ縁の無い人達まで参加はしていません。
さらに暴落を警戒している投資家も多い状態ですので、これが逆に暴落は無いんじゃないかなーと楽観視しだしたり、先の縁の無い人達まで参加しだしたら終了かと思われます。

しかし毎年このGW前後は、なんだかんだと暴落していますので注意して下さい。

とはいえ、全面安の厳しい暴落はたびたびあると思いますが、いつものような真の大暴落の可能性は少ないような気がします。
その理由としては、背景が良すぎるのと、今年から始まった信用無限回転により追証が少なくなっている、売買動向などが上げられます。
なので、不本意ではありますが信用2階建て3階建てしているほど儲けられる相場だと思います。
なので最近相場に入ったばかりの人ほど大儲けしてるんじゃないかと思います。

本当はこういう初心者が一度痛い目に遭って貰ったほうが、デフレ脳に犯されたファンダ厨である自分には居心地が良い相場になるんですけどねーw
その場合は、非信用とはいえフルポジ状態の私ももれなく被害を受けるのですがw

しかし真面目な話、信用全力買いの2階建てをされている方は、もう少しポジションを落としておいた方が良いと思われます。
大暴落は無いだろうと書きましたが、地震やミサイルなどの事象が突然起きて大暴落する可能性もありえる訳です。
こういった暴落は、一過性に終わる事も多く放置しておけば元に戻る事も多いのですが、信用2階建てだと放置する事もできずに追証となって退場する事もありえます。

クリック証券のトレードアイランドを見てみますと、実際に退場された方がおられるのがわかります。
ガンガン儲けていたのに、震災で大損してすってんてんになるどころか信じられない負債を抱える事になっています。
信用を使っている方は、こうならないという保証は無いという事を知っておきましょう。

とまぁ、儲けている時にこういう話をしても稲中並(たとえで年代バレ必須w)にバーカバーカと言いたくなるかもしれませんが、頭の片隅にとどめておいて下さい。


個別銘柄はこの地合だと書いても仕方がない気がするので無しです。
スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター