ブログ更新頻度と株価の関係

NYは一時-500超と悲惨な状態です。
日経も引きずられて、月曜は厳しい相場になると思われます。
(一応、金曜のNYが+37の下ヒゲ陽線で、反発を示しているのが救い。)

少し前のエントリで、日経は反発しそうな局面ですが底値ではないだろうと書きました。
珍しく、結構ぴったりな予想であったのですが、底値ではないとの方は外れて欲しかったです^^;
ギリシャ問題に円高と、状況はほとんど変わっていないので先行きは厳しいでしょうが、損しても腐らないように、落ち着いて相場と向き合いましょう。


さて、タイトルの「ブログ更新頻度と株価の関係」についてです。

基本的に上げ相場の時は、皆楽しいですからガンガンブログを更新します。
良い銘柄もどんどん出てきますし、それもすぐに上がっていきますから。
逆に今みたいな下げ相場の時は、損をしている時も多くて気分も乗らないですし、例え良さそうな銘柄があったとしても紹介した所で、皆も興味を示さない事も多いでしょう。
そうなると、モチベーションの維持が難しくてブログの更新頻度も下がっていくわけです。

当ブログも含め、投資ブログにはその傾向があります。
特にサブプライムショック・リーマンショック時は投資ブームであった背景もあり、その傾向は顕著でした。
あれだけ毎日のように報告していたブログ群がぴたりと止まり、そのうち更新停止しました。
そして更新停止した時期が、往々にして相場の大底でした。

その時は雨後の筍のようにブログが量産されており、数が多くて分かりやすかったです。
今回はその時より母数が少ないかもしれませんが、投資ブログの更新頻度を相場のバロメーターとして利用するのも面白いかもしれません。
(今なら雨後の筍としては、投資信託関係のブログが多いのかな?)

ちなみに自分は更新停止する事は無いと思いますけど、もし停止したら何かやらかして退場したと思って笑ってやって下さいw
(一応、今年の損益はまだまだプラスです・・・FXはヤバそうな感じですがw)
スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

Re: No title

定量的なな指標として使うのは難しいのですが、複合的なものの一つとしては使えると思います。

No title

楽しく読ませて頂きました。

投資ブログの更新頻度をマーケティングの材料として市場と
向き合うのは、ありですね。

参考にさせてもらいます。
最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター