カラオケ銘柄の分析

(4837)シダックス
(6448)ブラザー(JOY SOUND)
(7458)第一興商(ビッグエコー)
(2157)コシダカ(まねきねこ)
(2404)鉄人化計画(カラオケの鉄人)

その他、非上場企業たくさん

★ハード
第一興商の「DAM」と、ブラザー(エクシング)の「JOY SOUND」「UGA」の2強。
元々は3強であったが、ブラザーがBMBを買収した事により2強に。

★市場規模
昨年はハード700億円程度。
ユーザー市場は6,200億円程度。
カラオケ市場は衰退産業でずっと右肩下がり。
ただし底打ち感はでてきた。

これからの市場ターゲットは、団塊の世代と老人ホーム設置などによる高齢者へ拡大中。
若年層はニコニコ動画などの影響によりアプローチ可能か?

しかし国内は頭打ちなので、海外市場が有望か?
(特にアニメ系は需要があるだろう)
だが、著作権意識が皆無の新興国では、PV・生音何でもありのカラオケが主流。
そこへ出店してもまったく勝ち目無し。
新興国で法整備が進むか、先進国向けで頑張るしかない。

★参入障壁
カラオケ自体の参入障壁は低い。
ただ機器販売についてはある程度の販売規模がないと利益が出ないので、新規参入は難しいと考えられる。

そう考えると株的には(7458)第一興商は安泰?(リンク先は分析記事)
(ブラザーは他業種比率が高いので除外)
株価値上がり及び、借金して豪国債を100億買ったりと微妙な事もし始めたので、前のように推奨銘柄とは言えないものの、業績安定・100株利回り8%なら十分か。

スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター