インドへの投資方法

ポスト中国と言われるインドへの投資を考えている人も多いかと思います。
しかしまだ投資環境は良いとはいえず、方法は限られています。

株式を直接買う事は難しいので、直接投資となると投信が主な手段となってしまいます。
この場合だと手数料・信託報酬・財産留保などが高めなのがちょっと気になります。
(最近は全て込みで1%未満もありますし。)

ちらりと投信一覧を見てみた感じでは、次のものが良さげでした。
というか、規模の面から選択肢はありませんw

HSBCインドオープン 16,700
3.15% 2.1% 0%と信託報酬が高めですが、分配金も有。

PCAインド株式オープン 10,326
3.15% 1.88% 0.3%と財産留保有ですが、分配金が高くて利回り10%。

インドの通貨であるルピー関連への投信も利回りは6%ぐらいとなります。
インフレとか考えるとあまりオススメできませんが。


★間接投資方法★
インドへ展開している企業への投資が考えられます。
日本企業で有名なのは、(7269)スズキ 1,860です。
自動車シェアが50%と圧倒的な存在で、近年は重要な収益源となっています。

次はあまり知られていないのですが、(4188)三菱化学 565
スズキに次いでインドへの投資額No.2だったりします。
現在はプラントが本格稼動しています。
この会社は電池関連などの新世代技術を全て網羅しているのでインドならずとも中長期で注目です。
今の社長がかなりやり手なのもポイント。

(6752)パナソニック 1,005もエアコンなどの家電で急ピッチに市場を拡大、(6758)ソニー 2,262もテレビで巻き返してきています。

ただし、小売消費分野だと(2802)味の素 914 (8113)ユニチャーム 3350ぐらいで、他の海外企業がかなり強い状態です。
シェアが高く、多国籍企業でもあるユニリーバやキャドバリーを買えば分散投資にもなってちょうど良いかもしれません。

次回はインド関連のデータや状況を書こうと思います。

参考記事:「本当はどうなの?これからのインド」の感想
スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター