震災の株価に見る企業価値

日経は9,608.32 +401.57と大幅続伸。
3月権利日間近という事もあってか、信じられないぐらい強いです。
手持ちも順調で、先週に損切りでぶん投げてなければ資産は大幅プラスになっているぐらいです。
たられば、のお話ですけど^^;

今日は先週末に続き利確を進めました。
始値で利確し、下げたら買いというスタンスで売買。
しかし最後まで強くて売れたっきりの銘柄も・・・
でも原発の状況も悪化してないからという事なので良い事です。

さて、タイトルの件についてです。
一般的に株価というのは「企業を評価している数字」と認識されていると思います。
いわゆる株価=企業価値と言わていますしね。

震災後はどの銘柄もS安まで売り込まれました。
ここでパニックに陥ってもっと下がる前に、と個人投資家は売ってしまいがちなのですが、理論上株価は企業価値に収束します。
株価 < 企業価値以下になった時は買いなのです。
実際、株価は大きく下げた後に大きく上げた訳です。

では今はどうかというと、震災前の株価に戻った銘柄も多くあります。
本来の株価=企業価値に戻ったのでそれが正常でしょう?と言われる方もありますが、果たしてそうなのでしょうか?

私としては、震災で企業価値が毀損している会社が多いと考えます。
つまり震災前と同じ株価では高いのです。
(逆に企業価値が上がっていると考えられる会社もあります。)
特に関東圏主体の娯楽産業なんて影響は顕著ではないでしょうか?
停電の影響もありますし、無意識な自粛ムードもこれから続くでしょうから、業績には少なからず影響がありそうです。
なので、私はどんどん利確を進めているのです。

ただ、そもそも本当の企業価値なんてのは誰にも分からなかったりします。
どんなに高かろうが安かろうが、株価は売りたい人・買いたい人があって決まるものなので、その時点では適正水準とも言える訳です。
これからも株価は上がり続けるかもしれませんし、私の目論みどおり下がるかもしれません。

でもそう言ってしまうと身も蓋もなく面白くないので、自分としては分析して多少なりとも企業価値を数値化しようと頑張っているのですけどね。
スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター