元への投資方法

前回の記事で、マネックス証券の元建て中国国債を取り上げましたが、投資金額も大きかったりと手を出し辛いものでした。
(詳しくは前回記事を参照下さい。)

そこで今回は元への別投資手段を書きたいと思います。

中国国債を買う人の多くは、元への投資をかなりの長期で考えている人だと思います。
となると、償還期限のある国債の場合、結局は円で戻って来る事になってしまいます
(前回のマネックス証券の場合です。)

そこで単純明快に人民元そのものへの投資を考えてみましょう。
人民元は自由化されていないので、色々と面倒なのですがちょっと面白い方法を紹介します。

その方法とは・・・

中国の銀行へ預ける

単純明快ですね。
中国の銀行ですので、昔は現地へ行かないといけなかったり、居住用件とか色々条件がありました。
しかしグローバル化が進んだ今では、便利になったものでなんと日本で口座開設ができます。

方法ですが、中国銀行の日本支店に出向けば良いのです。
今では東京だけでなく、大阪や名古屋などにも支店がありますので、近くの人もそこそこ居るのじゃないのでしょうか?

HPを見ると為替手数料が片道2円と高額だったりしますが、5年以上先を見据えて元への投資を考えている人には良いと思います。
ただし利率は中国国内よりかなり低かったりしますが。

 →実際の為替スプレッドはもっと低いかもしれませんし、詳細は怪しい所もあるので窓口で聞いて下さい

リスクとしては通帳が無いので不安だとか色々考えられますが、やはり中国企業なので急に制度が変更される事が一番懸念されるでしょう。
あとは景気が折れた時に、不良債権がどれだけ出てくる事やらとか。
本当に無茶苦茶な事がまかり通る国なので、リスクを考え出したらきりがありませんが、それを言い始めたら中国への投資なんて出来ないとは思いますが^^;
一応、四大国有銀行の一角であり、第3位の規模なので多少は安全かな~と。

投資は自己責任で。
スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター