ブラジル国債と投信の成績比較

ブラジル国債とブラジル国債投信との比較

日付国債投資
(現価格)
現損益
(利息)
投信投資
(投信価格)
現損益
(分配金)
レアル/円
2010
11/30
1,158,035
(107.51)
0110,000
(10,420)
048.8
 ~ ~ ~ ~ ~ ~
2012
1/31
967,252
(110.04)
-44,997
(145,786)
110,394
(9,265)
+2,665
(17,539)
43.95
 ~ ~ ~ ~ ~ ~
2013
1/31
1,129,704
(123.6)
+203,253
(231,584)
118,514
(9,222)
+20,521
(34,433)
45.70
 ~ ~ ~ ~ ~ ~
2014
1/31
782,312
(92.45)
+53,751
(321,972)
78,536
(7,129)
+19,465
(51,109)
42.31
2/28858,018
(98.85)
+21,955
(321,972)
82,484
(7,414)
+23,593
(52,098)
43.40
3/31934,390
(102.50)
+98,327
(321,972)
75,260
(7,558)
+16,369
(52,983)
45.58
4/30960,982
(104.50)
+124,919
(321,972)
76,352
(7,597)
+17,461
(53,698)
45.98
5/31953,925
(104.85)
+117,862
(321,972)
78,039
(7,693)
+19,148
(54,420)
45.49
6/30939,367
(101.95)
+58,429
(321,972)
79,780
(7,792)
+20,889
(55,149)
46.07
7/31906,528
(99,75)
+117,195
(368,702)
74,917
(7,712)
+20,800
(55,883)
45.44
8/31959,288
(102,95)
+169,955
(368,702)
76,959
(7,849)
+22,842
(56,581)
46.59

~2013年分はこちらに移動しました。

今の所、全体的には投信のが有利そうですが、超長期の場合と分配金の削減が始まると逆転するでしょう。


★表を見る上での注意事項★
・2010/11/30の国債価格は為替スプレッド・4ヶ月利息分も含まれた価格なので、割高になっています。
・国債はレアル→ドル→円での換金となりますが、面倒なのでレアル→円換算です。
・換金時の為替スプレッドは考慮していませんので、実際に売る時はさらに安くなります。
・国債価格は2010/11/30の買付時を除いて、売りの価格にしていますので、スプレッド分5.5程度が引かれています。
・投信分配金は国債との比較整合性を保つ為再投資されており、国債利息受取月に分配金相当を売却します。
投信分配金は税引後表示ですので、10% or 20%課税された後です。
・損益は今までの分配金を加味してあります。

この企画は、ばんせい証券で購入したブラジル国債と、ブラジル国債投信(ブラジルボンドオープン)どちらが有利か比較する為に始めました。
(そもそも投資しないほうが良い説も!?)

初期コスト的に投信が有利なので、少なくとも一年以上立たないと「ばんブラ」(ばんせい証券ブラジル国債の勝手な略w)が勝つ事はないでしょう。
とりあえずは、2016年に開催されるブラジルオリンピックぐらいまでの長期投資視点で比較していきますので、末永くお付き合い下さい。

関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

Re: No title

まったくおっしゃるとおりです。

自分はそれもある程度考慮の上、購入した(なので1枚のみ)のですが、色々見るとかなり資金を投入している人もいてびっくりします。
表面金利だけで飛びつく人が多いって事ですね。
だからここ数年、毎月分売型投信もあれだけ売れたと思うのですが。

しかし私も長い目で見ているとはいえ、一旦売却しなければいけなかったのですが、売買コストを考えると頻繁に取引する訳にもいかないので、その点はやはり不利だと言わざるを得ません。
ご指摘のとおり、レアルで所持できないのもかなり不利な点ですし。
QE3縮小が本格的に始まったら、どうなる事やら・・・

No title

金利、分配金の多寡、金利低下による債券価格の上昇より為替の変動による損益の増減の方が大きい。分配金、金利の高さより常に為替を考えて投資タイミングを判断するのが重要。国債の償還時にレアル高になっているかはわからないから(償還金はUSドルなどと違ってレアルで所持できないはず)常に売買タイミングを考え投資する必要がある
そこで問題なのは取引コストである。新興国の通貨、債券は米ドル等に比べて不利であるから、どの金融商品が売買コストが安いかを考慮するのが重要。コストが高いのを選択すれば、すでに投資の段階で負けの投資をしていることになる

No title

投信の場合は購入手数料がいるが解約手数料は(信託財産保留額)殆どが0である。投信自体が機関投資家なので為替と国債売買単価で個人より条件が有利である。購入手数料と信託報酬を考慮に入れても国債よりは投信の方が有利だと思う
証券会社は投信買ってくれるより国債買ってくれる方が儲かると思うが
リスクオフの時は流動性のあるUSドル、円、スイスフランに資金が流れるのであって、単に経済が強いというだけで流動性のない新興国の通貨に資金が流れることはない。現にインドネシアルピアは安くなり今買い支えで苦労している

dkさん

金利引き下げによる国債価格上昇が大きいか、レアル安のが大きいかが注目ですね。
当分国債を売らない事を考えると、レアル安は利息が減ってしまうので歓迎できない状態ですが・・・
とりあえず、余剰資金の一部以外を投資するのは無理な商品です^^;

No title

情報有難うございます。大変参考になります。
金利引き下げの影響は大きいですね。こんな中、ばんせいはこういう事態だからこそとブラジル国債を薦めています。米欧が危ない状況の中資金は新興国に向かうだろうと。特にブラジル、ニュージーランド、オーストラリアが強いと。まぁ、新たな資金は投資には向けるつもりはありませんが。そして国債も長期で考えていますので上下には目をつむっています。

No title

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター