【(7458)第一興商】 銘柄分析

第一興商の分析

前回より追記した場所は斜体にて表示


分析日09/10/2710/05/1511/05/2812/05/21
時価732億円858億円911億円931億円
株価1,050円1,231円1,307円1,469円
PER7.69倍8.44倍8.88倍8.09倍
PBR0.9倍1.0倍0.96倍1.04倍
ROE13.6%12.7%10.9%11.0%
ROA8.8%8.5%7.0%7.0%
配当50円55円55円55円
優待5.71%4.87%4.59%4.08%
実利回9.01%9.34%8.42%7.83%

※実利回りは最低単元の優待込みのものです。
  (優待は額面ではなく、実売程度に修正済み)


(7458)第一興商
前回からの変更分は斜体にて表記

業態:カラオケ(DAM)+飲食事業 80%
    音楽ソフト 10%

☆投資理由
・高利回り → 実利回り 7%超
・安定した業績で、長期借入金を着実に減らしつつある
 21,096(477) → 18,304(475) → 14,469(413) → 10,178(328) → 7,976(252)と素晴らしいペース。
 カッコ内は支払利息@100万なので、正のスパイラルで借入金返済できているのが確認できる。
 その代わり資産も減り気味だけど。
→ 16,831(208)→  15,004(285)
  借入金で豪州国債100億円購入。
  2021年、2022年満期で利回り5.75%

・株主思い
 安定配当に加え、自社株買い/償却を行ってくれる。

★リスク
・カラオケ業態、音楽業態は非成長分野で、売り上げ高はやや下がり気味。
・音楽ソフトはヒットがでるかわからない(Perfumeに続けるか? → SKE48が来てる→エイベックスへ移籍
・個人的感想として、居酒屋は若干割高だと思う。
・エクシング(ブラザー)がUGAの「BMB」を買収し、規模で肉薄。
 競争がどう展開されるのか?
 →2者の寡占で競争しつつもシェア2分で安定

■総評 買い
売り上げが下がっているものの、毎年数十億の借入金返済により
(自分的計算の)清算価値が年に10%ずつ向上している。

一気の高成長は見込めないが、業績順調な優良企業だといえるのでは?
この利回りを維持されているうちは放置で良さそうです。
→ 株価上昇と状況により、両手を挙げてのオススメは外します。

・・・

こちらの優待は雰囲気のある居酒屋でも利用可能なのでそこで消費する予定。
順調に利益を稼いでいる企業で、10%近くの利回りあれば負けないのでは?

分析簡易得点表
業績 規模 資産 利回 成長補正 総計
第一興商 4 4 3 5 2+1 19
前回比 +1点

投資は自己責任で。
スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター