NTT年金減額の敗訴確定

NTT、最高裁が年金減額を認めず敗訴が決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000012-scn-biz

悪夢のような判決です。

勝手に減額するような酷い企業はおいておいて、
(本来はそれぐらいでちょうど良いのですが)
現役の労使も減額に合意済みの事項にこういう判決がでるとは・・・

これは既得権者を完全に保護する動きです。
彼らはJALに何を学んだのでしょうか?
ギリシャは対岸の火事と思っているのでしょうか?

いや、恐らくその点も判っているのでしょうね。
彼らはその上で逃げ切りを図るつもりです。

子供・孫世代の事を省みず、自分さえ良ければいいのでしょう。
互助という素晴らしい日本人の心はどこへ行ったのでしょうか?
マスコミの「払った年金の元が取れない」という煽りもその一因でしょうが。
(互助制度とはそういうものではありません。)

ちなみに業績が良いからといっても、企業にとって年金は負債です。
今は見えていないですが、今後適用される会計基準の「IFRS」で顕著に現れてきます。
その時にこの最高裁での判決は重いです・・・
あと何年かすればJALのような企業がたくさん出てくるんじゃないでしょうか?
その時にこの判決を盾に取られる事は間違いなし。
有事の際の蓄えを、低所得者と自己主張する乞食(あえてこう表現します)が食いつぶしていく構図になっていきます。

これは日本の企業への投資が躊躇われる原因ともなりかねません。
それよりも日本の活力が失われる事となっていくのでしょうね・・・

これから彼らは尊敬されるOBではなく、ただの老害としか映らない時代がやってくるのかもしれません。
お互いに悲しい事なので、そんな事にならないとよいのですが・・・

あと、年金を信頼できないものとした根源となる国の責任は重いです。
その当時の関係者にある程度責任を取ってもらうべきでしょう。
払った年金が何もしないのに〝消える〝事はないのですから。

スポンサーリンク

テーマ : 日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NTT企業年金減額訴訟が結審したわけだが

NTTのOB年金減額認めず 最高裁が上告棄却 (nikkei.com) 企業の慎重姿勢、拍車も NTTグループが申請した退職者の年金減額を厚生労働省が承認しなかったのは不当だとして、グループ67社が不承認処分の取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)

コメント

非公開コメント

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター