変わる基軸通貨? ~日経新聞ナナメ読み~

日経新聞にて「基軸通貨の歴史」があったので紹介します。

1400~1500年 ベネチア
1500~1600年 スペイン・ポルトガル
1600~1700年 オランダ
1700~1800年 英国・フランス
1800~1900年 英国
1900~20XX年? 米国


各国の通貨が世界に通用したのは、こんな感じのようで、
歴史の結果だけみると、約100年毎に切り替わっています。
ドルも基軸通貨としてもうすぐ100年なので、そろそろ!?

とはいえ、英国ポンドのように200年通用したものもあるので、
単純な時間軸だけで図れませんが、読み物として面白いものでした。

もちろん記事はこんな乱暴な内容ではなく、背景も記してあります。
例えば、オランダの場合、通貨間の交換を認めたので
今のドルのように各通貨間の橋渡し役を務めて普及しました。

ただ基軸通貨の変更の発端となったのは、ほとんどの場合、
戦勝国が領土を広げて決済圏を増やした事に起因するようなので、
今度の基軸通貨変更はそう簡単には起こらないでしょう。

ポスト基軸通貨だったユーロも脆さを露呈しましたし。
元はまだ中国が国家としての信認を得れていません。
この状態ではドルが弱体化したとはいえ、勝るものはありません。

むしろ戦争を発端とした変化が起こるようならば、
世界が滅亡している可能性のが高そうですし・・・^^;


ちなみに現在、円 → 豪ドルの取引は次のような形で取引されています。

 円 → ドル → 豪ドル

知らなかった人も多いのじゃないでしょうか?
(他通貨も一旦ドルを挟んでの取引が主です。)
皆さんもFXの普及で外貨に触れる機会が多くなったと思いますが、
一度、基軸通貨の役割を知っておくのも良いのではないでしょうか。
スポンサーリンク

テーマ : 日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

No title

>虫さん
ちょくちょくブログ拝見させてもらってます^^

革新的な金融の変化があればまた別でしょうが、
よほどの事が無い限り、基軸通貨変更はないのでは?
あるとすれば、米国に利する形での変更でしょう。

まずはドルを併用の上で、ユーロのような新共通通貨とか。
(まずドルを後ろ盾にしてという事です。)

No title

これは面白い話ですね(ノ´∀`*)
>戦勝国が領土を広げて決済圏を増やした
がもし基本ならばしばらくはドルがやはり基軸通貨からは動かなさそうです(*´ω`*)
最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター