負けない投資 ~日本でのベトナム株取引~

これからの時代、伸びしろの大きい新興国に対しての投資が必要になってくるかと思います。

代表格の中国株は散々もてはやされていますが、個人的には敬遠しています。
(国の政策次第でどうなるか分からないのも・・・)
あと思いつくのは、「ブラジル」「インド」などですが、
やはりアジアの時代ということで「ベトナム」はどうかと思い、少し調べてみました。
(気分的にも親日国の方が良いですし♪)

こういった新興国取引は「投資信託」「ETF」での指数取引が主体です。
こちらならば、色々な証券会社で扱っています。

しかし、やはり10倍20倍と大きく稼ぐには、個別株が必要です。
さすがにベトナム株を売買できる証券会社は見た事がなかったので、
ちょっと調べてみました。

どうやら数年前にベトナム株ブームがあり、
現地に渡っての口座開設ツアーが多くあったようです。
今では代行して口座開設をしてくれる所がありますので、
そちらを利用するのも良いかもしれません。
(もちろんそれなりに高額手数料を取られますが)

それでは国内証券での取引はどうでしょうか?
意外や意外で、最近はそれなりにあるようです。

・日本アジア証券
・キャピタル・パートナーズ証券 5,250円~
・岩井証券 5,250円~
・アイザワ証券 2,100円~
・ニュース証券 3,000円ぐらい~


下三つはインターネット取引も可能で、その分手数料も若干安め。
アイザワ証券が最も安く、取引手数料は2,100円~+αです。
(実はもっと高いかも。HPの表記が良く分からない…)

ニュース証券もインターネット取引ができますが、
最低手数料が「約定代金(VND)×1.68% (最低手数料 600,000VND)」
100円で2万ドンぐらい(2010/03/20現在)なので、60万ドンは3000円ぐらい。

という事で、手数料は一昔前の日本株対面取引と同じぐらいになりそう。
ただし為替手数料もかかってくるので、表記よりは割高になります。
(もちろん為替動向はもっと重要なファクターになります。)


こんな感じに調べた結果、国内からの投資環境も整ってきたなという所。
一昔前の環境から比べると便利になったものですねぇ・・・
国内からの投資するのに、一考の余地は十分にあると思います。

とりあえず今回はこのへんで、もう少し調べます。
スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター