2019年の投資成績

★2019年の成績★
日経平均
(年初比)
TOPIX
(年初比)
個人成績
年初比
2018年
12月末
20,014.77
(-12.08%)
1,494.09
(-17.80%)
+0.09%
2019年
1月末
20,773.49
(+3.79%)
1,567.49
(+4.91%)
+3.19%
2月末21,385.16
(+6.85%)
1,607.66
(+7.60%)
+7.68%
3月末21,205.81
(+5.95%)
1,591.64
(+6.53%)
+8.42%
4月末22,258.73
(+11.29%)
1,617.93
(+8.29%)
+8.61%
5月末20,601.19
(+2.93%)
1,512.28
(+1.22%)
+7.68%
6月末21,275.92
(+6.30%)
1,551.14
(+3.82%)
+9.87%
7月末21,521.53
(+7.53%)
1,565.14
(+4.76%)
+11.76%
※ 配当金は実払い日に算入していますが、優待は加えていません。
  入出金した場合は影響がでないように再計算しています。

ポートフォリオメモ


★相場メモ★
【7月】
日経は参院選もあり堅調であったが、その参院選後に急落のセオリー感ある値動き。
しかしそこから持ち直して21800で2番天井をつけて終わりました。
もう少し崩れるかと思っていたので拍子抜けでした。

手持ちは堅調な動きで利確を進めつつ、名証IRで聞いてきた銘柄を買ってみたりと多少組み換えもしました。
キャッシュマンなのでジワリとしか資産高値を更新していませんが、リセッション感あるので引き続き防御力を高めつつの立ち回りです。

【6月】
日経は先月の先行き不安な状態から一転し、21000円をあっさり回復。
その後も衆院解散無し=消費増税確定の状態にも関わらず堅調に推移してG20を迎えました。
中旬からは中小型株が乱舞して、個人投資家の春が遅れてやってきた感じでした。

手持ちはミダック筆頭に全面高も、キャッシュ比率が高いので見劣りする伸び率でした(資産高値は更新)
消費増税ほぼ決定&円高(107円)での違和感ある状態と感じているので、これはこれで仕方がないのかなと。
しかし数字的には下値もしれているというのもその通りなので、何を信じるべきか迷いに迷った投資マインドが相変わらず成績に顕著に表れています。

【5月】

日経は令和が始まってから5営業日連続安と、いきなりの前途多難な予感をさせる動きとなり、月末にかけて一段安となりました。
ファーウェイ問題もあり半導体などのシクリカル系が弱く、個人が好きなマザーズも壊滅状態でかなり厳しい状況です。
低位株などは元気でしたが、グロース系の値崩れも目立ちました。

手持ちは本当にほぼなにもせず、下落も受け止めたもののギガプライズやオリコンのおかげでトータルでは思ったよりもマイナスになっていませんでした。
リセッションの可能性が高く雰囲気投資が許されない地合いとなってきましたので、きっちり調べたもののみへの投資するスタイルを厳守しようと思います。


【4月】

日経は中旬に大きく上昇し22000円を奪還した後、上値が重い展開でボックス圏の値動きとなりました。
個別も底堅く上昇するものが多く、基本的には楽観的な相場付きでした。
決算は悪いもののが多い印象だったので、ここから上を目指せるかは難しい所な反面、裁定買い残は1兆強と低めの水準なので、そこまでの暴落もあるかは微妙な雰囲気です。

手持ちは一部調整したものの、買いは打診レベル継続で相変わらずのまったりモードでの微増。
投資に時間が割けておらずアンダーパフォームは仕方がない所で、焦って減らすよりは良いと諦めています。


【3月】

日経は初旬に21800超を付けた後、21000割れまで連続下落と踏み上げ後の動き。
そこから戻した後ブレグジット関係を理由としてまた21000割れするも、そこから下は無く戻すという底堅い動きのボックス圏でした。
米の利上げ凍結の見通し、中国の景気減退感がある中では強い動きな印象。
新興市場など個人好みの銘柄は強いものが多く、引き続き資金が戻ってきている動きでした。

手持ちではシステム情報などが強く、キャッシュポジが大きい中ジワリと資産高値更新。
TOPIXにはアウトパフォーム、周りを見ると相対的には大きくアンダーパフォームな感じでしたが、投資へ割ける時間が少なくなっているので仕方がないですね。



【2月】

日経は下げを警戒している人が多く、インバースが過去最高残を更新する中、危ない所がまったくなく大きく続伸。
さらにサンバイオが無くとも、バイオセクター祭りがくるなど投機資金が復活。
12月末に叩き売られた後に半値~全値戻りしたものも多く見られました。

手持ちではギガプライズ、オリコンなどが大きく上伸したものの、ロットが少なく成績はTOPIXに劣るものとなりました。
とはいえ資産は過去最高値を1年以上ぶりに更新したので、このままのんびりとやっていく事になりそうです。

【1月】
日経はリバウンド継続しつつ、(6594)日本電産が6年ぶりの下方修正発表後に悪材料出尽くしでさらに上伸。
年末の総悲観は何だったのかと思うぐらい強い動きでした。
とはいえ下方修正の業績発表も目立つようになってきているので、楽観視は禁物です。
新興市場も堅調だったものの、牽引していた(4592)サンバイオが月末に治験失敗でバイオ大崩壊。
信用買い残3,444,500を残して、株価11710の引け新値から連続S安でどこで寄るのか、、、
少なからず退場者が出て戻りつつあった個人余力を減らす事となっていまいました。

個別では(6564)ミダックが高値更新したり全体的にリバウンドして、日経には劣るもののなんとかプラスのスタートが切れました。
しかし新規主力銘柄が見つからず、打診レベルの買いで今年も引き続き保守的です。


2018年の成績でミスが見つかり、微微微プラスへ変更しました。
これで2009年から続く年間成績プラスが継続となりました!




スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

ライブスター証券
新規申し込みで手数料2か月間無料!
通常手数料も最安値クラス。
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター