【立会外分売 分析予想】(6405)鈴茂器工

(6405)鈴茂器工の簡易分析
分析日13/06/0613/08/2217/08/25
市場JASDAQJASDAQJASDAQ
株価10749182685
時価64億円55億円163億円
売出数29.8万株3.7万株30万株
上限数2000株2000株1000株
PER10.19倍8.78倍18.92倍
PBR0.96倍0.82倍1.73倍
ROE5.9%9.0%9.1%
ROA4.8%7.4%7.4%
配当15円15円15円
利回り1.4%1.63%0.56%
優待×××

2013/06/11に立会外分売。
2013/08/26~30に立会外分売。
2017/08/30~09/01に立会外分売予定。


☆業態
米飯加工機を製造販売。シェア5割のすしロボットが収益源。どんぶり飯盛り機育成。洗浄剤も
米飯加工機を製造販売。すしロボットが収益源。どんぶり飯盛り機や和食人気の海外展開も

☆買い要因
・業績絶好調
 前期は大幅増収増益。
 今期も順調に増収増益予想。
  → 2013/1Qも好調
  → 2017/1Qも好調で進捗良い。

・財務良し
 現金28億円持ちの無借金。
  → 現金29億円へ増加
  → 現金48億円で負債合計でも20億円

☆見送り要因
・分売数多め
 そこまで多い訳でも無いが、出来高の10倍程度。
 100株だけの板の並びを見るとちょっと不安が。
  → 今回は少なくて大丈夫そう
  → 1万程度の出来高で、5%の放出は重い。

・低利回り
 無借金の黒字企業で利回り1%半ば。
 キャッシュジャブジャブでこれは頂けない。
  → ずっと増配無く、ついに0.5%ちょっとに低下、


☆2013/06結論 保留
そこまで割高でもなく、悪い銘柄でもありません。
しかしなんと言っても地合いが不安定で、もう一声のポイントが無いので保留とします。
長期チャートで見ると面白い場所ではあるので、直前まで見てからですね。

☆2013/08結論 保留
今回は分売数も少なく、チャートも底状態なので買い方向です。
しかし、地合いも悪く、かつ下手するとチャートも底抜けになりかねないので、その点を考慮して評価は保留とします。
銘柄的には悪くないので、普段ならとりあえず申し込んでみる感じでしょうか。

☆2017/08結論 保留
久々の分売となり、相場環境がガラッと変わっているものの、分売評価としては相変わらず微妙な所です。
増配・優待・東証本則上場などがあれば面白いのですが、微妙そうですし。
ガツンと下げたら欲しい所ですが、とりあえず見送り気味直前判断の保留とします。


2013/06/11結果 負け
2013/08/30結果 負け
2017/08/30結果 負け
前日分売価格始値高値安値終値出来高
11281094109410951057106867600
95592692593192192713700
262625632551256225272531103100
2013/06
即売りできればトントンと、得した人のいない久々の銘柄になってしまいました。
出来高的にも67600株とまだ23万株の含み損が残っている事になり、厳しい状態です。

前日上がった事もあり、私は見送っています。
申し込みが思ったより少なく、45万株程度でした。

2013/08
うまくやっておやつ代程度でしたが、地合いを考えれば検討したほうでしょうか。
出来高はもう一声欲しい所ですが、前回を考えれば十分でしょう。
チャートは底ばいを維持していますので、持続の方は注視ですね。
私は地合い悪化により見送りました。

2017/08
常に分売価格割れかつ、陰線と厳しいものとなりました。
出来高ももう一声欲しい所なので、多少時間かかりそうです。
 → 分売主は筆頭株主の鈴木節子氏でした。

私は見送りました。

2013年の立会外分売の分析結果

スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

【立会外分売 分析予想】(6957)芝浦電子

テゴリ分けなど利便性の面から、立会外分売分析を子ブログへ移していってます。
今後は、いもらうの立会外分売分析予想もご利用下さい。


(6957)芝浦電子の簡易分析
分析日12/08/2215/05/1617/08/18
市場JASDAQJASDAQJASDAQ
株価105820253850
時価82億円157億円303億円
売出数8.5万株26万株10万株
上限数3000株1000株
PER6.19倍11.41倍15.28倍
PBR0.62倍0.87倍1.54倍
ROE9.9%9.0%10.2%
ROA6.1%5.9%7.2%
配当35円50円60円
利回り3.31%2.47%1.56%
優待×××

2012/08/24~29に立会外分売。
2015/05/20~22に立会外分売。
20/1708/24~29に立会外分売予定。


☆業態
温度センサー部品最大手。センサーは海外子会社で全量生産。エコ給湯器向けなど環境関連強い
温度センサー部品最大手。センサーは海外で8割生産。エコ給湯器、EV向けなど環境関連強い

☆買い要因
・業績回復中
 リーマンショック後から回復し、
 同水準を狙う。
 ただし今期は微妙かも。
  → 2015も増収増益予想も土地売却なく純益減か。
  → 2017/1Q絶好調で増益率68%と凄まじい。

・財務良し
 現金69億円>借入金28億円
  → 現金64億円>借入金7億円。

☆見送り要因
・下方修正の可能性
 1Qは大きく減収減益。
 通期でカバー予定もどこまでいけるか?


・株価2倍に
 4月から株価は2倍近くになり、一旦利食いが出る水準か?


☆2012/08結論 保留
表面上の数値で見ると申し込みたくなりますが、保留の方向で。
長期視点ではタイの収益改善で挽回予定とはいえ、厳しいような気がします。
ただし短期視点なら株価もだいぶ叩かれているので、反発を取れるかもしれません。
直前まで動きを見て決めます。

☆2015/05結論 買い
恐らく株主数充足の為の分売でもあり、数字的にも良いので買いとします。


☆2017/08結論 買い
分売数少なく、数字的にも悪くないので買いとします。
上昇トレンドが崩れないような値動きになると面白いのですが。




2012/08/24結果 勝ち
2015/05/22結果 勝ち
2017/08/追記予定

前日分売価格始値高値安値終値出来高
104210111057106010361036
202119612030203520202020194200
2012/08
久々の勝ち銘柄で、いつ売ってもディナー代ゲットでした♪
前日よりも高く始まったのも良かったですね。

私は申し込みましたが外れました・・・
ただ当たっても即売りしたと思いますがw

2015/05
前日比プラスと高く始まり、その後はやや下げるも高めで推移しました。
当たった方おめでとうございます。
出来高は十分でチャート的にも底値形成で、持続もありかと思います。

私はなんと3枚貰え、下げ基調だったので一旦2枚利確しました。

2012/08
追記予定


2012年の立会外分売の分析結果

スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

(3830)ギガプライズ - 2017年名証IRメモ

2017年7月21~22日の名証IRメモ 第3弾。

今回は(3843)フリービット子会社のマンション向けネット接続を主とする(3830)ギガプライズです。


(3830)ギガプライズの簡易分析
分析日17/08/04
市場セントレックス
株価2485
時価53.1億円
PER22.11倍
PBR4.64倍
ROE18.6%
ROA9.4%
配当20円
利回り0.60%
優待

☆業態
フリービット傘下のマンション向けネット接続会社。親会社と協業。システム開発も手掛ける



賃貸マンションとかで、インターネット無料!となっている所もあると思いますが、
そういう事をやっている会社です。
各家庭毎ではなく、マンション丸ごと一括でネット引いちゃおうって事ですね。

賃貸でネット引こうとすると、2年契約とか初期手数料とか色々あって、正直面倒かつ割高。
そんな時、初めからネット可能で利用料コミコミ!となっていると、賃貸の差別化になるんです。
そんな感じのセールストークですね。

数年前からの保持銘柄で、ついに名証IRに来てくれたのでガッツリ聞いてきました。
やり手と噂の社長が来ていたので直接話せるという僥倖!

・フォーメンバーズ(イオンハウジング)は何で買収したの?
赤字の会社を何で?という所と、シナジー効果はそんなあるのか?という疑問がずっとあったのです。
前者は立て直しの自信がある(実は社長の梁瀬氏はエイブルの社長を務めた経歴もあり、その方面のプロ)

後者は、イオングループに食い込めるのは大きい(他は自社グループで囲い込んでいるのに、唯一の出物)
今後地方はイオンを中心に経済圏が築かれていくとの構想もあるようです。
実現されるかどうかは分かりませんが、見ている未来の景色は私のような小物と違うなぁと感じました。

・IoT最前線
実はIoT銘柄であり、むしろ他社の展望だけの虚業ではなく、既に実業可能状態になっているのである意味本命銘柄。

提携したLive Smart 社の製品を導入し、日本発のIoTプラットフォームを実現。
声をかけるだけで照明やTVが点いたりと、子供の頃に見た映画の世界がすぐそこまで来たんだな~と。
プラットフォームなので、amazonの「Alexa」でも、LINEの「Wave」などどれでも連携可能。
これらが導入された賃貸マンションにはちょっと住んでみたいと思ったり。
浸透するには時間がかかると思いますが、スマホの急激な普及を考えると、思ったよりも時間はかからないかもしれません。

夢広がる事業ではあるのですが、あくまで本業のネット接続を生かす為の動きとの事です。
セールス向きですし、単価の底上げにもなりますしね。



【総括】
今は投資期にあたり、今期は大きな利益成長は望めず、割安感はありません。
(売上はガンガン伸びていきそうですが)
しかし社長の数年後のビジョンが実現すれば、大きな飛躍を遂げる事でしょう。

セントレックスから東証への上場もしない事はなさそうであり、
長期優待もあるので、こちらを貰いながらのんびり見守っていこうと思います。

スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター