【PF記録】2020年

PFの記録メモ(コード順)
一定額以上のポジのみ表記(優待用は除く)

【2020年6月末】
(3768)リスクモンスター
(4800)オリコン
(6564)ミダック


【2020年5月末】
(3768)リスクモンスター
(4800)オリコン
(6564)ミダック

ミダック追加購入で再ランクイン。



【2020年4月末】
(3768)リスクモンスター
(4800)オリコン

オリコン追加購入でランクイン。
サイバーリンクス利確、コプロを損切りしてランク外へ。


【2020年3月末】
(3683)サイバーリンクス
(3768)リスクモンスター
(7059)コプロ

サイバーリンクス新規購入。
ギガプラ利確でランク外へ。
コプロを損切りしてポジ減。


【2020年2月末】
(3768)リスクモンスター
(3830)ギガプライズ
(7059)コプロ

USENが870万株の売り出し発表したので一旦利確、明豊ファシリティ一部利確でランク外へ。
コプロをナンピン。


【2020年1月末】
(1717)明豊ファシリティ
(3768)リスクモンスター
(3830)ギガプライズ
(7059)コプロ
(9418)USEN

シンポ利確。
コプロ、USENを買い増し。

スポンサーリンク

【PF記録】2018年

 PFの記録メモ(コード順)
一定額以上のポジのみ表記(優待用は除く)



【2018年11月末】
(2750)石光商事

(3830)ギガプライズ
(6564)ミダック
(7561)ハークスレイ

ハークスレイ新規追加。



ミダック利確で減少。
高橋カーテン、ヤマウ損切りで圏外へ。


【2018年10月末】
(1994)高橋カーテンウォール工業
(2750)石光商事

(3830)ギガプライズ

(5284)ヤマウ
(6564)ミダック

高橋カーテン新規追加。
ミダック増し。
ギガプライズ減少。


【2018年9月末】
(2750)石光商事
(3830)ギガプライズ

(5284)ヤマウ
(6564)ミダック

キャッシュ増大であまりポジション無しです。



【2018年1月末】
(1384)ホクリヨウ
(3020)アプライド
(3032)ゴルフドゥ
(3359)タイセイ
(3830)ギガプライズ
(5284)ヤマウ
(9889)JBCCホールディングス


ヤマウ買い増しでランクイン。
ゴルフドゥ、ホクリヨウ、タイセイ一部利確。
トーシントントン撤退、テクマト、東テクほぼ利確でランク外へ。
ランクインしない範囲で色々細かく買ったものの、主力級の利確もありキャッシュ増。

【PF記録】2017年
【PF記録】2016年
【PF記録】2015年


スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

(3032)ゴルフドゥ大株主の怪

記事をアップし忘れてて、もう遅いのですがせっかくなので。



9月末PFの一角に登場しました、(3032)ゴルフドゥのお話です。

この会社、中古ゴルフクラブなどを扱う専門店なのですが、今年度の業績がとても宜しくなりそうな上、今後はFCも含めて出店加速という事で、前月の分売時にコツコツと買い増しています。


さて、この会社に投資する上で直近リスクになってしまっているのが、タイトルの件です。

2位大株主の佐藤智之氏(26万7400株 10.52%)という、個人株主?なのですが、
8月に会社側に株式売却を打診したようで、会社側が506円で27万株(佐藤氏の全株を買い取る用意があるという意味ですね。)の立会外での買い付けを行う旨のIRリリースがありました。
出来高が一日1000株もない過疎銘柄だったので、そんな枚数を売られたら株価崩壊してしまいますしね。

しかもその内の20万株は償却するというという、とても太っ腹な内容。
会社側は株価を意識して株式市場との対話を行う気がある雰囲気で、とても好感が持てます。

しかし、なんと佐藤氏はこの立会外取引をスルーというまさかの事態。
もしかすると同時に自社株消却、立会外分売(12万株)の発表もあり、もっと株価は高騰するだろうと思ったのかもしれません。
どんな話し合いがあったのか分からないのですが、第三者の視点からすると佐藤氏ちょっと、、、という感じです。
同時に立会外分売の発表もあったので、まぁ色々とあったのかもしれません。

ちなみに自社株消却ですが予定の20万株ではなく、元々持っていた14万1958株(5.29%)が行われました。
これでも会社の規模からすると凄い事ではあります。

その後、立会外分売が9/13に494円で実施されました。
当日の動きとしては、1万株単位の断続的な売りが出て崩されていました(参考:別ブログ分売記事
枚数的に大株主しかありえません。
案の定、10/5にIRリリースがあり、佐藤氏が9/13~27にかけて75300株を売ったとの事です。
その間の株価は485~515円なので、一部は高めで売れたかもしれませんが、出来高的には立会外取引(分売ではない方)の506円以下で売ったのが多いと思います。

佐藤氏が株価推移を読み違えたのか、会社とのやり取りで何かあったのか分かりませんが、持ち株の残り19万株のこれからの行方が気にかかります。
今は断続的に売ってきている感じなので、ここがきっちりと分かったら、今後の株価にはポジティブですので要注視でいこうと思います。


以下、参考までに買い煽り情報ですw

5カ年(2017年実績→2022年目標)の中期経営計画発表。
売上高:50億 → 100億円
経常利益:1億円 → 6.2億円(6倍以上!)

中計達成時の予想一株益169.2円で、現株価は710円です。
配当性向20%以上目標であり、今期初配10円予想。

スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ライブスター証券】
新規申し込みで手数料2か月間無料!
通常手数料も最安値クラス。
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター