ブラジル国債の利金が入りました

2010/11より投資している2028年満期のブラジル国債の利金が入金されました。
1月・7月の年2回です。

利金履歴
50,885
51,989
42,912
40,886
44,912
45,513
44,875
46,730
45,039
39,933
29,955
25,297
29,476 new
利金合計:538,402円

レアル下落が顕著な為、どんどんと日本円で貰える利金が減ってきています。
2016/07では、ついに当初の半分になってしまいました。

利回り10%の為、当初は10年持ってたら負けないからいいでしょという軽い気持ちで始めたのですが、
既に格付けは「投機的」まで下げられており、国債デフォルトしなければ勝ちというレベルの勝負となってきました。

投資額の約116万円に対して、5年分の利金で半分弱回収できていますが、それ以上にレアル安と国債価格の毀損が大きくてなんとマイナス成績です。
比較対象で購入した投信のブラジルボンドオープンはプラスと、スプレッドの大きさと見た目の利回りが重要なのかと面白い状態です。

ブラジル国債ブラジルボンド
元本1,158,035110,000
2016/07-38,203+10,623
2017/01+61,410+23,437

しかし表面利回りに目が眩んで、配当生活で大金を投資した高齢者層は今頃どんな心境なのでしょうか?

・・・

いえ、その層は利金が減ったなぁとは思うかもしれませんが、危機感なんてまるで無くてデフォルトするまで気付かないのかもしれませんね。
スポンサーリンク

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ブラジル国債投資を始めて5年経ちました

ブラジル国債に投資を始めて5年が経過しました。
最近、報告していなかったので区切りという事もあって経過報告です。

以前の成績報告記事
(記録を取り忘れたのもあって、更新が途絶えてます・・・)


【そもそもの投資理由】
投資対象の利回り10.25%(2028年1月満期)のブラジル国債ならば、満期まで17年あり、理論上10年で元が取れるので為替リスクを考慮してもいけるんじゃないかな?という単純なものです。
(買い付け時の実質利回りはさらに低くなるので、実際に元が取れるのはもっと長くなりますが。)

W杯、オリンピックもあるのでなんとかなるでしょう。
それにブログネタにもなるし(結構本気で思ってましたw)
とか、楽観的に投資を決めました。

ついでに毎月分配型のブラジル国債投信もあったので、比較対象として1/10サイズで買っちゃえー、としたのが始まりです。


【ブラジル国債の近況】
政情不安定なブラジルは、オリンピック間近にもかかわらず、ルセフ大統領の支持率は1桁と凄まじい低さとなっています。
これらを受けて、元々低くてギリギリ投資適格であったブラジル国債の格付けは9月に投機的に下げられ、一段と下落しています。
もちろんレアル安にもなりますので、二重に打撃となっています。

アメリカの利上げ観測で、新興国への投資が引き上げられており、元々かんばしくなかった景気のさらなる悪化も進んでいるようです。
原油を筆頭として資源安も進んでおり、全てが逆風な感じです。


【ブラジル国債投信】
上記で購入した生国債は、一部の対面証券でしか販売していないので敷居が高いです。
そこで手軽に購入できる、「大和 ブラジルボンドオープン」にも比較対象として投資しました。
内容的にはほぼ同じ商品なので、理論上はパフォーマンスは同じになるはずですが、こちらは毎月分配型が流行した背景もあって、分配金をたっぷりと出します。
ええ、利回りでいうと10%どころじゃないぐらい高かったです。
そうなると見た目の数字に弱い日本人はどうなるのか、それを見たかったのもあります。

しかし2015年4月に分配金が90円→60円に下げられ、さらに10月から40円へさらに引き下げられています。
私が買った当初は120円だったので、1/3になってしまいました。

もともとタコ足で払いすぎだったので引き下げはむしろ健全な措置とも言えますが、毎月分配型投信を買う層にとっては分配金だけが全てなので、もちろんの事ながら叩き売られています。
基準価格は、2013年4月の高値付近からもう半値になっちゃってます。


【投資成績】
では、皆さんお待ちかねの肝心な投資成績の発表です。
さあ生国債と、ブラジル投信との比較はどうなっているか。
個人的には、当初は手数料など初期コストが高い生国債が不利ですが、数年もすれば投信の成績を上回るのではないかと思ってました。

そもそも上記を踏まえると、どちらも投資成績としては悲惨なものになりそうな、、、
それでは細かい価格などはおいといて、投資金額がどうなったのかをご報告。



・・・



「ブラジル国債」
2010年11月 約110万円で投資開始

  ↓

2015年10月 約90万円と大幅マイナス!


「ブラジルボンドオープン投信」
2010年11月 11万円で投資開始

  ↓

2015年10月 約11.2万円と若干プラス!


生国債は案の上死亡確認!
しかし、なんとブラジル国債投信はプラスとなっています!
生国債は流動性が無くて売買のボラが大きいのもあると思いますが、予想以上に投信の表面利回りパワーが強かった結果となりました。

しかし5年も投資してマイナスの商品とか投資先として終わってますね・・・
途中、アベノミクスがあったので株だったら軽く2倍になっててもおかしくないですし、まだ途中とはいえ悲惨な数字となりました。

いや~、閲覧者にとってはメシウマな結果となってしまい、ぐぎぎぎであります。
一応、ネタとして投資は続けていこうと思いますが、国債デフォルトして株芸人とならないようお祈りしておきます。

ネタという時点で投資じゃない気もしますが^^;

スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

ブラジル国債と投信の成績比較

ブラジル国債とブラジル国債投信との比較

日付国債投資
(現価格)
現損益
(利息)
投信投資
(投信価格)
現損益
(分配金)
レアル/円
2010
11/30
1,158,035
(107.51)
0110,000
(10,420)
048.8
 ~ ~ ~ ~ ~ ~
2012
1/31
967,252
(110.04)
-44,997
(145,786)
110,394
(9,265)
+2,665
(17,539)
43.95
 ~ ~ ~ ~ ~ ~
2013
1/31
1,129,704
(123.6)
+203,253
(231,584)
118,514
(9,222)
+20,521
(34,433)
45.70
 ~ ~ ~ ~ ~ ~
2014
1/31
782,312
(92.45)
+53,751
(321,972)
78,536
(7,129)
+19,465
(51,109)
42.31
2/28858,018
(98.85)
+21,955
(321,972)
82,484
(7,414)
+23,593
(52,098)
43.40
3/31934,390
(102.50)
+98,327
(321,972)
75,260
(7,558)
+16,369
(52,983)
45.58
4/30960,982
(104.50)
+124,919
(321,972)
76,352
(7,597)
+17,461
(53,698)
45.98
5/31953,925
(104.85)
+117,862
(321,972)
78,039
(7,693)
+19,148
(54,420)
45.49
6/30939,367
(101.95)
+58,429
(321,972)
79,780
(7,792)
+20,889
(55,149)
46.07
7/31906,528
(99,75)
+117,195
(368,702)
74,917
(7,712)
+20,800
(55,883)
45.44
8/31959,288
(102,95)
+169,955
(368,702)
76,959
(7,849)
+22,842
(56,581)
46.59

~2013年分はこちらに移動しました。

今の所、全体的には投信のが有利そうですが、超長期の場合と分配金の削減が始まると逆転するでしょう。


★表を見る上での注意事項★
・2010/11/30の国債価格は為替スプレッド・4ヶ月利息分も含まれた価格なので、割高になっています。
・国債はレアル→ドル→円での換金となりますが、面倒なのでレアル→円換算です。
・換金時の為替スプレッドは考慮していませんので、実際に売る時はさらに安くなります。
・国債価格は2010/11/30の買付時を除いて、売りの価格にしていますので、スプレッド分5.5程度が引かれています。
・投信分配金は国債との比較整合性を保つ為再投資されており、国債利息受取月に分配金相当を売却します。
投信分配金は税引後表示ですので、10% or 20%課税された後です。
・損益は今までの分配金を加味してあります。

この企画は、ばんせい証券で購入したブラジル国債と、ブラジル国債投信(ブラジルボンドオープン)どちらが有利か比較する為に始めました。
(そもそも投資しないほうが良い説も!?)

初期コスト的に投信が有利なので、少なくとも一年以上立たないと「ばんブラ」(ばんせい証券ブラジル国債の勝手な略w)が勝つ事はないでしょう。
とりあえずは、2016年に開催されるブラジルオリンピックぐらいまでの長期投資視点で比較していきますので、末永くお付き合い下さい。

関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター