(9960)東テクはまだ上昇するのか?

主力である、(9960)東テクが昨日東証一部鞍替えを発表しました。
これを受けて、株価は2600 +143と大幅高となりました。

しかし始値は2699、高値2740でしたので、大きな陰線となってしまいました。
直近一か月で株価は20%以上上昇していたので仕方ないと言えば仕方ないのですが、ちょっと残念な状態です。
個人的にはもっと株価は伸びてもおかしくないと思ってましたので、、、

という事で、ちょっとフォロー記事を書いてみますw


(9960)東テクの簡易分析

分析日17/12/12
市場東証一部 ※
株価2600
時価344億円
PER12.12倍
PBR1.51倍
ROE6.6%
ROA5.5%
配当38円
利回り1.47%
優待×
※ 2017/12/18に変更予定


☆業態
空調・同関連機器商社の草分け。専業で首位。計装など工事部門拡大。保守工事子会社が強み



株価のポイントとしては、2017/10/31に2Qが発表された時に大きく下落しました。
恐らく受注残が豊富だったのでもっと進捗が良いと考えた人が投げたのでしょう。

これは前期受けた太陽光工事の大型案件の残りがあった為で、売上はともかく利益はあまり出ないものなんです。
売上の伸びに対して、利益の伸びが劣っていたとしても仕方がない所です。

しかし、株価はここを底として過去に長らく続いたボックス圏を上抜けた後に大きく上昇に転じました。
そして今回の発表で、材料出尽くしとなり天井を付けたかのようなチャートとなっています。

たしかに一番のカタリストである東証一部への鞍替えは消化しました。
ただここからも次の材料があります。

・機関投資家の買い
・PER水準の訂正


時価総額344億円と比較的規模はある為、機関投資家の買いが入りやすくなります。
四季報ベースで見ると投信が既に3.5%買っているのが少し残念ではありますが・・・

そして、PERは今まで一桁だったのが、東証一部になった事によって許容PERが大きくなる可能性があります。
個人的には15倍ぐらいまでは行っても良いのかな?と。
となると、今期予想EPS220.31×15=3304円の株価となります。
四季報ベースでの来期予想EPSは235.6なので、それをベースにするともっと高値も目指せます。

そこまでは短期では行かないかもしれませんが、それでも節目である3000円の株価ぐらいは付けてもおかしくはないんじゃないでしょうか?
といった所が、私が投資した時に考えていた事です。
※ 投資時期はポートフォリオ記録参照

しかしここで問題となるのが、そもそもの根拠となる業績です。
特に前述の2Q発表時点で売った方は、会社の通期予想達成が困難じゃないのか?と思われているかもしれません。
(まぁ、達成しないというよりも、もっと目標は高くて上方修正を期待して買っていたのかもしれませんが)

そこで次の図を見て下さい。
東テクの四半期ごとの営業利益のグラフになります。

東テク営業利益

4Qに偏る構造なのが分かると思いますが、今回はそこではなく赤丸の部分に注目します。
昨年の3Q部分になるのですが、前年に比べて大きく減益となっています。
ざっと2億円の減益なのですが、これは別に業績不振だった訳ではありません。
その頃に本社移転が行われており、その費用によるものが大きいのです。
そして今期はもちろんの事ながらその費用は発生しません。

従って、私の読みでは今期3Qは前年比でかなりプラスでの発表になるのではないかと思っています。
そうなると見栄えも良く、通期業績も期待できますし、何よりも安心して持っていられるのではないでしょうか?
(最近は決算発表に怯えなければならない銘柄ばかりですし^^;)

こんな感じの所感となります。
買ってみようか?ぶん投げようか?など、ここへの投資で考えてる人の投資方針の参考になれば幸いです。


そして定例ですが、投資は自己責任で。


追記
 2018/01/31に3,355の高値までありました。
 平均3000弱程度で利確しています。
スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

(3830)ギガプライズ - 2017年名証IRメモ

2017年7月21~22日の名証IRメモ 第3弾。

今回は(3843)フリービット子会社のマンション向けネット接続を主とする(3830)ギガプライズです。


(3830)ギガプライズの簡易分析
分析日17/08/04
市場セントレックス
株価2485
時価53.1億円
PER22.11倍
PBR4.64倍
ROE18.6%
ROA9.4%
配当20円
利回り0.60%
優待

☆業態
フリービット傘下のマンション向けネット接続会社。親会社と協業。システム開発も手掛ける



賃貸マンションとかで、インターネット無料!となっている所もあると思いますが、
そういう事をやっている会社です。
各家庭毎ではなく、マンション丸ごと一括でネット引いちゃおうって事ですね。

賃貸でネット引こうとすると、2年契約とか初期手数料とか色々あって、正直面倒かつ割高。
そんな時、初めからネット可能で利用料コミコミ!となっていると、賃貸の差別化になるんです。
そんな感じのセールストークですね。

数年前からの保持銘柄で、ついに名証IRに来てくれたのでガッツリ聞いてきました。
やり手と噂の社長が来ていたので直接話せるという僥倖!

・フォーメンバーズ(イオンハウジング)は何で買収したの?
赤字の会社を何で?という所と、シナジー効果はそんなあるのか?という疑問がずっとあったのです。
前者は立て直しの自信がある(実は社長の梁瀬氏はエイブルの社長を務めた経歴もあり、その方面のプロ)

後者は、イオングループに食い込めるのは大きい(他は自社グループで囲い込んでいるのに、唯一の出物)
今後地方はイオンを中心に経済圏が築かれていくとの構想もあるようです。
実現されるかどうかは分かりませんが、見ている未来の景色は私のような小物と違うなぁと感じました。

・IoT最前線
実はIoT銘柄であり、むしろ他社の展望だけの虚業ではなく、既に実業可能状態になっているのである意味本命銘柄。

提携したLive Smart 社の製品を導入し、日本発のIoTプラットフォームを実現。
声をかけるだけで照明やTVが点いたりと、子供の頃に見た映画の世界がすぐそこまで来たんだな~と。
プラットフォームなので、amazonの「Alexa」でも、LINEの「Wave」などどれでも連携可能。
これらが導入された賃貸マンションにはちょっと住んでみたいと思ったり。
浸透するには時間がかかると思いますが、スマホの急激な普及を考えると、思ったよりも時間はかからないかもしれません。

夢広がる事業ではあるのですが、あくまで本業のネット接続を生かす為の動きとの事です。
セールス向きですし、単価の底上げにもなりますしね。



【総括】
今は投資期にあたり、今期は大きな利益成長は望めず、割安感はありません。
(売上はガンガン伸びていきそうですが)
しかし社長の数年後のビジョンが実現すれば、大きな飛躍を遂げる事でしょう。

セントレックスから東証への上場もしない事はなさそうであり、
長期優待もあるので、こちらを貰いながらのんびり見守っていこうと思います。

スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

(2139)中広 - 2017年名証IRメモ

2017年7月21~22日の名証IRメモ 第2弾。

前回のエスラインと同じく岐阜地盤の会社である(2139)中広です。


(2139)中広の簡易分析
分析日17/07/21
市場東証1部
株価754
時価53.1億円
PER15.17倍
PBR2.72倍
ROE18.6%
ROA9.4%
配当15円
利回り1.59%
優待

☆業態
岐阜県地盤の広告代理店。地域密着型フリーペーパーの生活情報誌等発行。進出地域を拡大中



フリーペーパー屋さんで、全国展開を目指しており既に28都道府県まで拡大中。
ただし「VC」なる、FCの超ゆるい版みたいなもの込みで、直営だけだと12都道府県。

フリーペーパーも社名も聞いた事ないわーという人が多いでしょうが、ペーパー誌名のブランドが無いのが特徴。
地域毎に誌名が違うのでイメージが結びつかないんですよね。
勿体無い気もしますが、「地域密着型」がコンセプトで人気を博しているので仕方無い所。
ちなみに名古屋だとフリモ(2010年創刊)という名前で、知名度は相当高いです。


毎年話を聞いているので、聞いたのは気になった所だけ。

・1000万部は2019年に間に合うのか?
ギネスに載せたいのでオリンピックまでに1000万部(現在700万部)を達成したいとの事だが、ちょっと遅れ気味。
ちなみに、過去(4833)ぱどがギネス記録だったが、正確な部数だったかは疑問視。
その点、中広は手配りなので正確な部数での申請となるようです。

実はこの点は広告主への強力なアピールとなります。
新聞の押し紙とか、web広告のPVとか水増ししまくりなので、ちょくちょく問題になりますよね。

・VCから直営へ
VCはどんどん増えているものの、上手くいかない所も目立ち始めており随時直営に切り替えています。
少し想定よりも多いらしいので、利益はその分圧迫しがち。
ここらへんが部数の伸びが物足りない理由の一つかな?
ただすぐに黒字化しているそうなので、将来の収益で考えればプラスですね。



【総括】
フリーペーパー業界は衰退産業と思われがちだけど、その中で唯一トップに立って成長していけそうな企業と思っています。
もし買ったら10年売れない株を買えと言われたら、持っておきたい銘柄です。

ただし既にある程度評価された株価で、まだまだ投資期で利益の伸びは鈍化しているので、株価の伸びも緩やかに行きそうです。
まぁ、足元では名証IRから高値を取ってきて、上場来高値更新中なのですがw

スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター