(3091)ブロンコビリーはフラグを建ててしまったのか?

2017/4/17 ステーキ・ハンバーグレストラン経営の、(3091)ブロンコビリーの1Qが発表されました。

17年12月期第1四半期
売上高 (百万円): 4,561 (+3.4 %)
営業利益(百万円): 551 (-28.7 %)
経常利益(百万円): 567 (-26.8 %)
当期利益(百万円): 399 (-19.6 %)
1株利益 : 26.51


ここ数年、大幅増収増益を続けてきたのですが、いきなりの大減速です。
昨年は無かった新規出店2店と改装5店舗(昨年も同数)と、人件費などの費用増、
昨年1Qが+30%以上の増益だった反動もあるのでしょうが、ここまで落ちるとは予想していませんでした

この1Qが発表されるちょっと前に、名古屋の良い立地にあるオフィスビルを取得する旨のIRがありました。
一部本社機能の移転という事で、将来的には完全に移行すると考えられます。

さて、株式投資には、「新本社を建てると株価は天井フラグ」というお話があります。

調子が良くて手狭になったので本社を建設すると、小さな時は上手くいっていた商売が大きくなったら上手くいかなくなってしまい、株価も天井を打って下落してしまうというものです。

ブロンコビリーもこのフラグを立ててしまったのでしょうか?

一応、新本社は建設するのではなくて、中古ビルを購入するとの事なのでセーフの範疇でしょうか?
しかし不動産が高騰している時期には違いないので、賃貸ではなく購入しているので判断が難しい所です。
まぁ、投資に慎重なこの会社が購入に踏み切ったという事は、それなりお買い得だったのでしょう。

景気も良く、高齢社会で人材獲得が難しくなってきているので、便利な所に本社が必要なのも分かります。
(採用試験受けにきても、駅降りて田舎と感じるとそのまま帰ってしまう人もいるんです。)
短期的にはマイナスかもしれませんが、長期的に見るとプラスになると考えられます。
実際、今回の1Qも人件費増なのが要因の一つで、コスト増に目を瞑って早めに対処したのかもしれません。

しかしこの1Qを受けて株価は急落しています。
PER20倍というバリュエーションは、成長を見こした株価だったので仕方のない事でしょう。
私もちょっと厳しいかなー?と思い、既に少なくなっていたのですが、株価の戻りが鈍いのを見てさらに利確して家族分を含めて全て単元のみに減らしました。

ただ、地元企業であり、JASDAQ上場時からの付き合いです。
今でも毎月のように食べに行っているので、全て売る事はなく見守る事とします。
出店余地は大きいので成長は続くと思いますし、良い意味で私の予想を裏切ってくれると嬉しいですね。

・・・

毎月のように通っていると変化も分かります。
そこで気になった点を・・・

ブロンコビリーは外食産業屈指の利益率を誇ります(なんと15%以上!)
その利益率を維持する為に、色々手を尽くしているのが見えてきます。

・ドリンクバーにジェラートバーを付けて客単価アップ
・JCBなどの手数料の高いクレジットカードの利用不可


これらの施策は悪くないと思います。

しかし、原価率の高いコーヒーゼリーにかけるミルクが薄くなっていたり、商品自体が無くなっているなど、
主力商品であるサラダバーにもその手が入ってきている点が気にかかります。
一つ一つは大した事なくても、積み重ねて気付くと魅力がなくなってしまっているという事は往々にしてあります。

創業者である会長はこの前の株主総会で一つの区切りをつけましたが、引き継いだ2代目社長は今の拡大路線にいきつつも、食の本分を見失わないようにして貰いたいものです。
過去に名証IRで何度かお話を伺いましたが、親に似て堅実らしくウェイウェイするような人には見えなかったので大丈夫だと思いますがw
スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IRセミナーや株主総会のレポート一覧(予定も含む

ここ数年、IRセミナーや株主総会などでガッツリ話を聞いてきており、個人的に多少レベルアップしてきてる気がするので株価に反応しそうな要点を纏められるようになってきました。
(それに付随した質問もよくしています。)
しかし、投資先でなかったりするとすぐに忘れてしまうので、それらを書き込んだ資料は取っておいて見返したりしています。

たださすがに資料が多くなったのでちょっと整理しました。
下記企業は、その中でも捨てるに惜しかったのでどこかで記事にしようかなと思っている群です。
※ リンク先があるものは別ブログにて既に記事にしてあるものです

1738 NITTOH
1936 シーキューブ
2753 あみやき亭
2925 ピックルスコーポレーション
3034 クオール
3091 ブロンコビリー
3133 海帆
3160 大光
3244 サムティ
3258 常和ボールディングス
3277 サンセイランディック
3287 星野リゾート REIT
3662 エイチーム ←new
3738 ティーガイア
3762 テクマトリックス
4508 田辺三菱製薬
4658 日本空調サービス
4668 明光ネットワークジャパン
4739 伊藤忠テクノソリューションズ
5949 ユニプレス
6165 パンチ工業
6469 放電精密加工研究所
7456 松田産業
7476 アズワン
7593 VTホールディングス
8159 立花エレテック
8439 東京センチュリーリース
8795 T&Dホールディングス
8954 オリックス不動産REIT
8973 積水ハウス・SI REIT
9607 AOI Pro
9616 イチネンホールディングス
9837 モリト
9982 タキヒョー

もし興味ある企業がありましたら、率先して記事にしますので遠慮なくコメントして下さい。
といいつつ、すぐサボるので期待はほどほどでw
→ すいません、サボりまくってます

スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

(3091)ブロンコビリーの決算発表 -2015年度

(3091)ブロンコビリーの2015年度決算が発表されました。

ブロンコビリー20160119 
直近1年チャート


売上:+22.0%
営業利益:+21.6%
経常利益:+22.7%
純利益:+31.4%


全てにおいて素晴らしい成長を続けており、6期連続で過去最高の業績となっています。
しかしこれでもコンセンサスや会社の期初予想をやや下回っていたりします。
秋~年末は野菜が相当高騰していたので、サラダバーがある関係でその影響も結構受けてたりするのかもしれません。

まぁ、元々若干未達が多い会社で、大きく上回った前年が珍しかっただけだったりするのですがw

忙しい人の為の3行意訳
・10月から各メディアから取材を受けて、客数増加(恐らく既存店は大きくプラスへ)
・13店舗出店、改装13店舗
・今期は16店舗出店、改装14店舗予定


[今期予想ベースの各数字]
株価:2,319
PER:18.79倍(EPS 123.42)
利回り:22円(0.95% 4円増配)


増配率ではなかなか良い水準を続けており(配当性向では微妙・・・)、成長率を考えたグロース面を見るとやや割安という所でしょうか。
バリュー投資としては買い増しは微妙な所ですが、優待単元分(分割したので利回り変わらない200株)としては放置安定です。

あとは今期中に100店舗が確実なので、同じ中部地盤のあみやき亭・ココイチのように、記念優待を出す線も十分あり得るとも思ってます。
ここはパートに持ち株を配ったりしてて従業員持ち株比率が高めなので、その人達が喜ぶ記念配当かもしれませんが。

スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター