【立会外分売分析予想】(3366)一六堂

(3366)一六堂の簡易分析

分析日17/10/23 ※
市場東証1部
株価435
時価40.5億円
売出数42.8万株
上限数2000株
PER13.14倍
PBR0.8倍
ROE6.1%
ROA5.1%
配当10円
利回り2.3%
優待×
※ 立会外分売ではなく、SBIの立会外トレード


分析日12/07/2512/10/0313/02/1413/11/09
市場東証2部東証2部東証1部東証1部
株価410435507472
時価35.6億円37.7億円44億円41億円
売出数30万株3.6万株39.26万42万株
上限数300株300株600株500株
PER6.84倍6.87倍8.01倍17.1倍
PBR0.79倍0.84倍0.95倍0.86倍
ROE7.0%7.0%7.0%10.8%
ROA4.5%4.5%4.5%8%
配当16円16円20円18円
利回り3.9%3.68%3.94%3.81%

2012/07/30に立会外分売。
2012/10/18に立会外分売。
2013/02/20に立会外分売。
2013/11/14~20に立会外分売。
2017/10/24にSBI証券にて立会外トレード


☆業態
都内中心に居酒屋を展開。主力は高価格帯の『天地旬鮮八吉』。地方漁港のセリ参加権保有が強み

☆買い要因
・業績好調
 2012-中間上方修正と増配を発表。
 通期も上振れるか?
  → 中間はほぼ予想内で微妙
  → 3Qも純益はともかく微妙
  → 2013-2Qは減収大幅減益で非常に厳しい
  → 2017/2Qも回復しており、利益面では大丈夫そう。

・好利回り
 現金14億>借入金5億で、利回り4%近い


・東証1部狙い
 確実に狙った分売。
 しかし時価総額が少し足りない
 → 今回は1部上場の株主数維持の為
 → 今回も同じく維持の為でしょう


☆見送り要因
・分売数多い
 発行数の3%超なので、ちょっと多め。
  → 今回は少量。
  → また39万株(4%)と大量。
  → 42.8万株と大量

・株価上昇
 前日に株価大幅上昇とちょっと怪しげ。
 今回はたまたまと思われるが。






・チャート悪し
 天井付けての下げ局面。
 その後の上方修正でもGU陰線。

・時価総額不足
 東証一部には時価総額が少し足りない。
 分売でさらに下がっており、難しい位置に。
 何か手を打ってくる事を期待か?



☆2012/07結論 買い
手持ち銘柄なのでバイアス込みの評価。
利回りも良くなったし、400円割れで欲しい所。
しかし株主数なら優待出せば達成できると思うんですが、本当に出したくないみたいですね。
まぁ、大きな額の優待出されても嫌ですけれど。

☆2012/10結論 保留
安い所では欲しいので買い目線での保留とします。
でもあまりやすくなると一部昇格が難しくなるので悩ましい所ですね。

☆2013/02/14結論 保留
基本は東証一部維持の株主数の為でしょうが、分売数が多いのが気にかかります。
保持銘柄の為、バイアス込みで買いといきたい所ですが、社長の利確も疑われるのがちょっと・・・
ただ、利回り4%の権利日直前で底堅いと思われるので、安ければ拾っても良いかと。

☆2013/11/09結論 保留
前回と同じく一部上場維持と思われます。
優待を出す気がまったく無いという点も読み取れますので、株価への起爆剤にはならないでしょう。
チャートは底ばいで、安くなれば利回り的に買いという所でしょうが、今までと違って魅力は失われているので保留とします。

☆2017/10/23結論 保留
立会外トレードと、SBI証券の新サービスを早速使っての売り出しになります。
数字的には買いでも良いのですが、前日の株価上昇と売出数の多さが気にかかります。
とはいえ、地合いの良さと再開発などの材料がある事を考えるとやや買い気味の保留とします。
朝確認及び、出来高一巡後の買いも面白いかと思います。











2012/07/30結果 勝ち
2012/10/18結果 勝ち
2013/02/20結果 勝ち
2013/11/14結果 引き分け
2017/10/24結果追記予定 
前日分売始値高値安値終値出来高
412399404
406401403
467452473490472490
503488490494489492
460446444449442447211600
2012/07
ランチ代とまでいかなくとも、牛丼代にはなりましたね♪
大きめの数でしたが完売してますし、下がってもすかさず買いが入っていたようにも見えました。
私は1枚もらえたので、手持ちと合わせて持続します。
1部昇格の為の次の一手を期待して・・・

2012/10
いつ売ってもディナー代~となりました♪
一部昇格も近いかもしれないので、持続でも楽しめそうです。
私は申し込みましたが外れました。
しかし下げないとは思っていましたが、ここまで上げてくるとは思いませんでした。
元々持っている身からすれば、嬉しい誤算です♪

2013/02
ジュース代程度ですが、なんとか利益出ましたね。
すぐに高配当ゲットできますが権利落ちがどうなるか要注意。
私は手持ちの多くを発表後に利確した為、申し込み予定でしたが前日に申し込みできずに、当日も時間に間に合いませんでした・・・
仕方ないのでザラ場で少しだけ買うという体たらくでした。

2013/11
寄りは分売割れも、ザラ場では日経大幅高の恩恵もあってかやや高く推移。
出来高もそこそこあり、利回りが底支えとなるので持続も良いかもしれません。
業績を見ると長く持ちたくないというのもありますが。

私は1枚だけ申し込んだのですが、トントンで撤退しました。

2017/10



2012年の立会外分売の分析結果
2013年の立会外分売の分析結果

スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

住信SBIネット銀行の劣後債が償還されます

2012/10/30に買い付けた、住信SBIネット銀行の劣後債ですが、
2017/11/02に償還される事になりました。

過去の参考記事
(当時書いた予測と全然違ってて恥ずかしいですw)

この債券、1.43%/年の利回りのものになり、当時同じくSBI証券で買えたSBI債が確か1.6%/年ぐらいだったので、5年拘束される割には低いよねーという評価でした。
しかし今だとめっちゃ高利回り!みたいな債券になりますので、わずか5年で世の中というものは変わるものです。

さて、高利回り!と書いたのですが、当サイトを見てる方は株式投資メインだと思うので、ほぼノーリスクとはいえ、この1.43%/年の利回りなんて低すぎぃっ!と感じるんじゃないでしょうか?

・・・ええ、私もそう思います。
債券10万円辺り 715円×2回の配当で、さらにそこから20%税金引かれて、わずか1,142円/年のみの利益ですから、、、
なので、当時話のネタとしてちょっとだけ買ったものになります。

しかし、世の中にはほぼ「ノーリスク」のものにしか興味を示さない人達がいます。
いや、むしろそれが大多数ではないでしょうか?
現在の債券の多くが0.5%/年以下になっているという事は、それだけ需要があるという事ですから。

そんな中、それに満足せずにリスクを負って株式投資での大きなリターンを目指すというのは、大きなアドバンテージになります。
実際、アベノミクスでのリターンを考えて貰えれば、世の中の大多数の人と違う行動をした事が、投資の上でどれだけ重要か分かると思います。

とはいえ、リスクに目を向けなくなると、落とし穴にドカッとはまってしまいますので、好調な時こそ気を引き締めていく必要があります。
特に私みたいなチキン野郎が、キャッシュにしてるのは馬鹿らしいから全部投資しなきゃ!と思い始めたら、その時かもしれませんw
具体的には2013/06辺りです。
チャート見てもらうと、「あーハイハイ、養分www」と思われるかもしれません。

あ、今のところは、まだキャッシュあるのでご安心をw
スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター