2018年の投資成績

★成績★
日経平均
(年初比)
TOPIX
(年初比)
個人成績
年初比
2017年
12月末
22,764.94
(+19.10%)
1,817.56
(+19.69%)
+38.62%
2018年
1月末
23,098.29
(+1.46%)
1,836.71
(+1.05%)
+5.87%
2月末22,068.24
(-3.06%)
1,768.24
(-2.71%)
+6.41%
3月末21,454.30
(-5.76%)
1,716.30
(-5.57%)
+4.36%
4月末22,467.87
(-1.30%)
1,777.23
(-2.22%)
+3.26%
5月末22,201.82
(-2.47%)
1,747.45
(-3.86%)
+4.36%
6月末22,304.51
(-2.02%)
1,730.89
(-4.77%)
+5.47%
7月末22,553.72
(-0.93%)
1,753.29
(-3.54%)
+5.22%
8月末22,865.15
(+0.44%)
1,735.35
(-4.52%)
+3.90%
8月末22,865.15
(+5.95%)
1,735.35
(-0.02%)
+5.90%
※ 配当金は実払い日に算入していますが、優待は加えていません。
  入出金した場合は影響がでないように再計算しています。

ポートフォリオメモ


★相場メモ★
【9月】
日経は月初に大きく下げるも、先月の安値に届かず反転して底打ち確認後は大きく上昇。
むしろ一気に高値をぶち破りまさかの24000円回復と、ショート勢をせん滅させる動きでした。
反面、新興銘柄は連れて上がるものの動きが鈍く、個人投資家はまだ痛みを引きずっている印象です。

個人成績はプラスで月末比では高値更新も、未だ年初来高値に届いてなくてびっくりしました。
チャンス時に買いに転じられないのだったら保守的に動く意味が無いよなぁと、引き続きスタイル迷走中です。

【8月】
マザーズが底抜けし、一貫して下げ続けて個人は大打撃。
(日経は日銀の買いもあって大して下げず。)
しかし底打ちした最終週は一転して大きくリバウンドして、強含みで引けました。
かなりPFが傷んだ人が多数な反面、大きく利を伸ばした人も散見されるので、ややゼロサム化しつつあるのでしょう。
「ただ割安」銘柄は売られて、「業績カタリスト」銘柄は買われるのが顕著な動きでした。

個人的には少しPFをメンテしたものの、引き続きあまり動かず。
しかし一部失敗取引があり、プラスで終えられたはずがマイナスと悔やまれる月でした。

【7月】
外国人買いが少しずつ戻り、日経は月初を底に23000円を意識して戻り基調。
反面、マザーズは戻りが鈍く、個人投資家には辛い展開が続きました。
選別相場は継続で、強いものに資金が流れてより強くなる感じでした。

個人的には引き続き動かず、小銭稼ぎの取引程度。
Twitter見てると焦りますが、無理しても損するだけなのでここは腰を据えて。

【6月】
体調不良につき、取り急ぎ数字のみ更新します。
体感ではマイナスだったので、なんでプラスだったのか分かりませんw
ギガプライズのおかげ説。


【5月】
前半まで外国人買いは続き、日経は23,000円まで続伸するも、その後は一転トレンド変換し、22,000円まで下げました。
新興市場も弱く、個人投資家の投資意欲がかなり減退している感じです。
(というよりも、富むものはより富んでおり、ゼロサムゲームにちょっと近づいてきた感じでしょうか。)

子守りの兼ね合いもあり投資に割く時間を大幅に減じたので、あまり動かず小商い継続中。
マイナスは2ヵ月連続でストップも、元々の主力ポジ群が回復しただけです。(ホクリヨウ除くw)


得意分野の立会外分売からの所感としては、中旬からは一気に様子が変わり、何でも申し込んでおけば良いという状況ではなくなり、分売バブルも正常化?しつつあるようです。
とはいえ、全体資金としてはまだまだ抜けてはいないので、取れる人は取れる相場は継続なんでしょうね。


【4月】
外国人売りが止まり、逆に連続買い越しとなり日経は回復しました。
しかし新興株は厳しい動きとなり、個人投資家の資産が傷んでいる感じです。
とはいえ資金が完全に抜けた訳ではなく、選別すれば大きく上げるものも多くありました。

個人的にはほとんど動かず、中小型株中心な主力がジリ下げした分だけマイナスとなりました。
立会外分売など得意な分野でのみ小商いして、また自分のターンがくるのを待っています。


【3月】
暴落モードに入ったか?と思わせる下げかと思えばすぐに大幅高と、機敏に動かないと利益を上げ辛い相場付き。
しかし引き続き下げトレンド入りを思わせるように上値切り下げと、昨年までと明らかに動きが変わってきています。
NYダウが強い動きの事が多いのも、惑わされる要因になっていそうです。

個人的には大きく動かず、引き続きポジ縮小と入れ替えを進めており、主力株が振るわずに昨年3月以来のマイナスとなりました。
個別株は強いものも多いので、明確な下げ相場というよりもアベノミクス前の選別相場に戻りつつにあるのかなと。


【2月】

先月の違和感を是正するかのように、日経・NYダウともに仕上げ感ある上げの後に大暴落。
特に2/6は-1,194.21円(-5.26%)の全面安と2年ぶりに追証がありそうな大暴落でした。
強いリバウンド局面も何度かありましたが、ここぞという所で叩かれて下げトレンド入りを示唆する雰囲気となりました。

個人的にはキャッシュ比率は高めていたものの、2/6にチャイナショック時をわずかに超えるマイナスを計上し、一日当たりとしては過去最高損失となりました。
(資産の増加率を考えるとそこそこの損失。)
一時は年初マイナスに突入するも、暴落を機に銘柄の集中と選択を進めたも功を奏し、主力級の上げでジワジワ回復。
最終日には(5284)ヤマウが実質S高となり、まさかの月間プラス引けで終えられました。


【1月】
海外勢がガンガン買ったかと思いきや、ガンガン売っていくという足の速い動きにも日経は堅調。
月末に110円をあっさり割れる程の円高が進むも、日経は相対的に強くて違和感がありました。
しかし個人の信用評価損益がプラスになったという現在は、仕上げに向かって突っ走っていくそんな勢いのある相場とも言えるのでしょう。

個人成績としては年初から7営業日プラスと絶好調。
タイセイなど、お年玉銘柄としたものが上げてくれて出だしは上々。
しかし+10%が当たり前みたいな雰囲気&JASDAQの上昇についていけずに相対的にはいつもの敗北感でした。


スポンサーリンク

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

【立会外分売 分析予想】(3816)大和コンピューター

カテゴリ分けなど利便性の面から、立会外分売分析を子ブログへ移していってます。
今後は、いもらうの立会外分売分析予想もご利用下さい。


(3816)大和コンピューターの簡易分析
分析日13/06/0215/09/0416/09/1218/09/18
市場JASDAQJASDAQJASDAQJASDAQ
株価17571730※1061 ※1036 ※
時価23億円34.6億円24.7億円31.5億円
売出数3万株5万株4万株4万株
上限数5000株1000株1000株1000株
PER15.09倍13.35倍13.11倍13.33倍
PBR1.01倍1.21倍0.87倍0.89倍
ROE4.4%8.3%6.4%6.7%
ROA3.0%6.4%5.2%5.5%
配当20円22円22円19円
利回り1.14%1.27%1.89%1.74%
優待××××
※ 2015/02に1.5分割、2016/08に1.2分割、2018/07に1.1分割

2013/06/18~/21に立会外分売。
2015/09/08~11に立会外分売。
2016/09/13~16に立会外分売。



☆業態
基幹系業務ソフトの2次請け開発会社。大塚商会とSCSK(旧住商情報システム)が2大顧客有力顧客

☆買い要因
・好財務
 現金13億円の借入金など4億円。
 時価総額に対して現金多し。
  → 現金16億円>借入金1.5億円で負債合計でも8億円。
  → 現金17億円>借入金0.6億円で負債合計でも6.8億円。
  → 現金22億円の無借金で、負債合計でも7.6億円。

・好業績
 2013/3Qでの進捗率高く、上方修正必至か?
 そうなればPER的にも納得の水準に。
  → 増収増益で来ており、今期も微増予想。



☆見送り要因
・小型株
 株価2倍以上に上昇して時価総額23億。
 板もスカスカでティック飛びもちらほら。


・低利回り
 システム企業で利回り1.1%
 3%以上はザラなので低くて物足りない。
  → セクター平均も低くなったが、それでも1%ちょいは低い

・相場終了後
 1100→5000へ一気に7営業日で到達後、1ケ月ちょいで1700へ戻る。
  → 2018/04に一相場有りで一時1500超


☆2013/06結論 保留
色々思惑ありげなチャートしていますし、実は農業関連でもあって非常に面白いです!
しかし小型で板が薄く、今のようなボラの高い相場では危険。
従いましてとりあえず様子見とします。
まぁ買いは分売ではなく、動き始めてからでも遅くは無い気もしますし。

☆2015/09結論 見送り
数字的にはそこまで悪くないのですが、ここ数回の最近の分売相場を考慮して分売評価を厳しくします。
従って、一相場終了しての下落トレンドが終わっていないのもあり、見送りとします。

☆2016/09結論 保留
前回と同じく数字的には良くも悪くもない感じですが、地合いの急激な悪化により、見送り気味です。
朝確認してからの申し込みとしますが、忙しかったら見る事すらしないかもしれません。

☆2018/09結論 買い
今回は相対的に割安感が強くなったので買いとします。






2013/06/18結果 勝ち
2015/09/08結果 負け
2016/09/13結果 勝ち
2018/09/19結果追記予定
前日分売価格始値高値安値終値出来高
142013631378138013661368
16351585157015861533153329400
10611029103510461033103525700
10361011
2013/06
安値ではトントンレベルでしたが、うまくやればランチ代になりました♪
出来高11400株と売り物はまだ残っており、チャート的にも重そうに見えます
ただ材料がでればこなせる量ではありますので、持続の方はタイミングを見計らって下さい。

申し込み33万株と約11倍の倍率。
私は非常に迷いましたが、見送りました。

2015/09
一時は分売価格を回復する事もありましたが、ダラダラと下げてかなりのマイナスとなりました。
出来高はそこそこも陰線で下落トレンド継続中。
しかし明日は地合いが良さそうなので、大きく回復できるのであれば面白くなりそうです。

私は見送っています。

2016/09
分売価格よりやや上で始まり、若干上伸も戻して引けました。
出来高はそこそこですが、上ヒゲなのでここを戻せれば窓埋め期待もありです。

地合いが回復していたので、私はちょっとだけ申し込んで外れて終了です。

2018/09

追記予定






2013年の立会外分売の分析結果
スポンサーリンク

テーマ : 明確な投資理論
ジャンル : 株式・投資・マネー

最新記事
別ブログ
リンク
オススメ証券会社への申込
【GMOクリック証券】 とにかく手数料が安い!
さらに株主優待で10000円/年キャッシュバック!

【SBI証券】 業界最大手
何でもできるので開いておいて損は無し

【ひふみ投信】
2015年ファンド大賞
自分の売買の参考にもなる組入銘柄は、口座開設で閲覧可能
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お得情報
楽天市場
楽天で探す
楽天市場


【便利TOOL】GOM PLAYER
RSSリンクの表示
FC2カウンター